知は権力?!

人生の幅を広げるには、人と会うこと。旅をすること。本を読むこと。

断るときは変な言い訳をしても相手は薄々気づいているのかもしれませんね。

「いいにくいことをはっきり言っても好かれる人の習慣」
いい人ほど燃え尽き症候群で、言いたいことが言えずにやりたいことができず

言えなかった後悔よりも、言った後の後悔の方が清々しい。告白できなかった、チャレンジしなかったよりも、いいたいことを言って後悔した方がいい。

以下の6つを捨てないといけない

「どうせ私なんて」という自己否定感。
みんなから好かれないといけないと思う八方美人な態度
争いたくないという平和主義
「いい人でいたい」という自己犠牲
好き嫌いにとらわれる視野の狭さ
みんないい人と思いたい性善説

3つの上手な断り方のポイント

余計な言い訳をしない
なるべく早めに断る
断る理由を述べる


ランキング参加しています。応援クリックいただけますと、更新の励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


書評・レビュー ブログランキングへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。

 

監督、選手以外に、代理人、ホペイロから、国立競技場の芝を管理する方などのお話などが書かれています。何かしらサッカーに関するお仕事を探したい方は読んでみると参考になるかと思います。

「サッカーのない人生なんて!」
全クラブ、収入が増えたにもかかわらず、最初にあるクラブが赤字を出したことがわかって、理由を聞くとこう言われた。黒字を出すと税金を払わないといけないんですよ、と。そのためわざわざ収入全てを使い切るわけで、それを聞いた時には本当にがっかりしてしまった。Jクラブは、企業スポーツや子会社とは違った理念で、しっかりとした蓄財によって健全経営をしてほしい、そう願ってスタートしたわけだから。他にも赤字が膨らむクラブが出て来て、なぜこれほど大きくなるんだ、と聞くと、赤字を出せば会社は潰せなくなるからと説明される。リーグ発展に多大な貢献をしているクラブでもこういう発想なのか。

他にもJリーグは辞めたいと言っているクラブが複数あった。

晩秋以降気温が十度を下回るとすぐに枯れてしまう。湿度と、暑さによわいため病気にかかりやすい。芝は、悪魔と呼ぶ理由は、環境の変化に実に敏感に反応するからだ。日本の四季は芝にとって「5季」だという。4期にプラス場いう。根が腐ってしまえばひとたまりもないし、一晩で芝が枯れる「ブラウンバッチ」と言った病気もある。

「人間が風邪薬を飲むように、芝も健康のためにわずかでも薬が必要な時があります。」と親に説明し、現在、国立は近隣住人で子供二人、高校生一人がアレルギーを発することまで把握し、散布する前に情報を開示し避難してもらう。いつ、どんな除草剤をどれくらい買って、使ったか、全てチェックし記録する。こうした所にまでは配慮がなされている。

イギリスの美しい芝を見たアメリカ人が、「一体どうすれば、こんなに青い芝を育てられるのですか」と聞く。「毎日ただ、水をやっているだけですよ」とイギリス人が答える。「たったそれだけなら簡単ですね」とアメリカ人が年を押すと、イギリス人が言った。「ええ、ただし100年前、からね」

「サッカーを仕事にする」ことへの憧れは、選手がプロサッカー選手になりたいという夢と全く同じ熱を持って、若者の夢となっている。就職活動中の大学生、転職を考えるものから、「アルバイトをさせてほしい」「どうすれば代理人になれるのか」と言った相談が日々、寄せられるのだという。選手と付き合い、海外での試合、ワールドカップを経験し、遺跡を預かる代理人となったものが、プロサッカー選手になる夢を叶えたJリーガーと同じように、憧れの存在なのだ。

代理人の仕事は国際舞台での花であるかのように取り上げられる。そこに憧れるものが訪れることも確かだ。しかし、エージジェントであることの充実感や、これがサッカーの仕事だと選手と喜び合えるのは、こうしたビッククラブ相手の華々しさにあるのではニカという。戦力外通告を受け、契約を打ち切られた選手たちを再び輝かせること、

靴墨を使って磨き上げてほしいという選手もいれば、皮が伸びるから靴墨は塗らないでほしいという選手もいる。

もし、何となく体が重いと感じた時には、シリアルに牛乳、ヨーグルトとフルーツの軽い要職に変える。「変化」を感じ取り、対応するのは得意なのだ。

何もやらないでいたら、本当は行きたかった、ときっと今でも思っていたでしょう。好きで選んだサッカーの道で、そんな後悔なんてしたくはないし、それをしないでやっていけるような仕組みは選手にとっても大切なもの。たとえ実現が難しくても、選手には自分でやりたいことにチャレンジする自由はあると思っている。

テクニックは、日本の選手の方がうまいと感じた。けれども、それが厳しい試合の中で使えるかは別の問題。

退職金、年金制度、そのための財源確保。どういう表現になるのかはわからないけれど、Jリーグで勤め上げた選手たちには、少なくとも、サラリーマンを務めた人たちに等しい年金でも保証でも出せるような方向は目指すべきでしょう。3000万、4000万をもし引退でもらえるなら、それは、サッカーのプロ選手として生活をして来た証になるはず。200万とか300万円では、一回家族で海外力をしたらなくなってしまうんで、そこは真剣に考えていく。はるかに長い歴史を持っているとはいえ、野球の契約金1億円、年某3000万円の出来高払い、など報道を見れば、サッカーを好きだからと行って子供たちがプロサッカー選手を選べるだけの魅力があるかは疑問だし、親はもっとシビアに考えるもんでしょう。僕らの時代は、Jリーグが夢の到達点だった。でもこれからは、サッカーで夢を追いかけ、掴んだ先の生活が苦しくなった、などということはあってはいけないから。

一人でも多くの女の子に、なでしこを目指す、と言ってもらいたい。女子の発展無くして、サッカー界全体の発展はない。

なぜお金がたまらないのか?を主人公のキャラクターの心理状況をうまく表して説明してくれています。とても読みやすいので、働いてるのになぜかお金がたまらない人には読んでみるといいと思います。

「誰も教えてくれないお金の話」

お金を「稼ぐ力」と「管理する力」を分けて考えるようにしています。

お金について考えるときには、「感情を入れるのではなく、数字で判断することが大切だ」と重ています。特に家計を改善しようとしたときには、毎月の収支が黒字になっていると言う事実が大切になります。住居費の割合が高すぎるとか、保険料にかける比率が低すぎるなどが見えてきます。

1、固定費の節約。2無駄遣いの節約。3変動費の節約。4、時間の節約。

住宅ローンチェクリスト。1、ローン完済時の年齢が65歳を超える。2、住宅ローンの借入総金額が手取り年収の5倍を超える。3、変動金利型の現在の返済額を基準に物件購入計画を立てる。4、住宅購入後、貯蓄がなくなる。2個以上当てはまってしまった場合は、希望する物件が自分の収入に見合った物件かどうか、もう一度確認しましょう。

両親から資金援助を受けるにあたっての税制優遇制度で、2500万円までの贈与であれば、贈与の段階で課税されません。

想定家賃 X 200倍以下 = 失敗しにくいホーム購入価格。ローン返済額以上での家賃でかしだせるか?もしくは、ローン残高以上で売却ができるか?

利回り6%の法則。家賃が20万。5000万の物件だと240万円➗5000蔓延=4.8% 4000万円なら6%。この額で購入するのであれば、家賃と比べて、そレほど高いものではありません。


ランキング参加しています。応援クリックいただけますと、更新の励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


書評・レビュー ブログランキングへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。

 

↑このページのトップヘ