知は権力?!

人生の幅を広げるには、人と会うこと。旅をすること。本を読むこと。

2年間、毎日アップし続けてきた書評ブログですが、しばらくの間だけお休みしようと思います。時間をかけて概要まとめてアップしてますが、結構手間なわりにあまりアクセスもなく。。。残念。。。

また、個人的には一般的の意見とは異なった意見が面白いと思ってアップしてるんですが、結構バッシングを受けます。。。日本人は、先入観があったり、疑わずに信じやすい人種と言われていますが、インターネットや周りの人から得られる情報だけ信じると知識も視野も狭くなってしまうかと。私も注意していますが自分に都合がいい情報だけを信じて反対意見をよく調べないと情報に流されるかと思います。最後の判断は、自分で考える力が必要ですね。そのためにもインターネットではなく、いろんな思考の本を読むことは良いことかと思います。インターネットだと人に好かれる情報だけ上位に出て来て、人が嫌がる意見は検索にひっからなかったりしますからねー。

とりあえず毎日中毒のように本を読んでいる時間をちょっと自分プロジェクトの時間に使うことに。本を読むのってどうしてやめらないですねー。ちょっとだけ本を読むのを休憩するので、また何か面白い本があったらアップしますね。最後は一年以上前に自分が書いた本の概要です!

「1億円稼ぐ米国サラリーマンの株式投資戦略」

近年、日本でもアメリカでも共働きの家族が増えています。生活するために必要なお金が増えてきました。残業をしないと生活費が稼げない時代になり、働きすぎて体を壊す人も出てきています。バブルも崩壊し、親の世代よりも生活水準が低くなっているように思えます。バブル世代の人たちは、行動経済成長の真っただなかでしたから、まじめに働けばなんとなるとしかアドバイスできないでしょう。投資などの知識がなくても働いていれば安定した生活が過ごせたのです。しかし、現代においては、まじめに働いても親と同じ生活水準を保つことはできません。少子化のため、今の子供が大きくなる頃には、もっと厳しい社会になるでしょう。経済がバブル前ほど上向きになっていないのですから当たり前です。

しかし、戦後の時代は、お金がなくても幸せだったという人もいます。いつも家族と一緒で、他の家族とも助け合い、思いやりの時代でした。貧困しか知らない世代は、単に貧困だからと言って自殺しません。バブルが崩壊してくれてよかった、お金がない日本の方が人は助け合って幸せになれるのではないかということです。お金があってもなくても幸せな生活は過ごせます。お金は考え方、使い方次第で幸せにも不幸にもなりえます。

日本は、貧困層は増えたとしても、戦後から飢えて亡くなる人はほぼいなくなり、発展途上国と比べてみても豊かな国だと言われています。食べていくだけで必死だった昔とは違い、健康志向の高まりから、健康本、食べ物本なども流行る余裕があります。一方、自分は不幸だと感じている人が多くいるのも事実です。ベストセラー本も、昔にはあまり目にすることがなかった自己啓発、幸福論などで「幸せとは何か」というテーマで、多くの日本人が「自分の幸せ」を追い求めている気がします。アテネの芸術品も経済が豊かな時代に、食べていくのに困る人が少なかったため、多くの芸術品が生まれたという話を聞いた事もあります。食べ物に困らない生活ができると、「人はどう生きるというべきか」という幸せな悩みが出てくるのです。はたして「自分の幸せ」とはそんなに大事なものなのでしょうか。幸せを追求して、良い方向へ行く人もいれば、幸せとは何かを追求しすぎて、逆に悪い方向へ行ってしまう事もあるかもしれません。本当は「幸せ」とは何かという悩みがないことが「幸せ」なのかもしれません。子供達を見てるとそう思います。私も今見ている子供達のように人生を生きてみたいものです。

アメリカでは、お金持ち約500人程度でアメリカ国民半分の所得を得ているというデーターもあります。お金がある一部の人だけに集まり、一般人のところへは回らないとう格差社会になっているのです。人類は、上の者だけが多くの情報を知っていて、一般の人には教えないという権力構造で発展してきました。西洋の王宮でも、国家でも、上のものだけがお金儲けや利益のための情報を握り、民には従わせておけばいいという考え方です。マヤ文明においても上のものだけは暦を読め、暦の読み方を知らない下のものは、季節を予測できる上の人を神と崇めてきたと言われています。もし一般の人でも投資の知識を得ることで利益をあげることができれば、もっと時間に余裕を持った生活ができるかもしれません。共働きもしなくてもいいかもしれません。左遷を恐れずに、会社の議論でも自分の意見を強く言うことができるかもしれません。解雇を恐れず、残業をしないで家に帰る勇気が持てるかもしれません。働きすぎて、家族や子供と一緒に過ごせない。働きすぎの人生になっていないでしょうか。

極論をいえば、株式市場など必要のない世界が最も良いことかもしれません。世の中には、事前に空売りを仕込んで、あえてテロなどの事件を起こして株価が下がるところで利益を儲ける人もいるでしょう。空売りを仕込んで、企業の悪い噂や企業の事故をあえて起こす人もいるでしょう。市場管理者たちも常に監視をしていますが、実際のところ全てを把握することは難しいかもしれません。携帯電話でさえ、犯行に使われます。農業のための鍬でさえ、武器となります。株式市場でもどんなものでも世の中の物は、使い方次第で良くも悪くもなります。株式市場がなくなっても、人間はまた似たようなものを作り出すでしょう。人間に欲というものがある限り、株式市場はなくなりません。人間に欲がある限り、お金儲けの仕組みは、世に生み出されていきます。人間に欲をなくせということは無理かもしれません。どんな人でも欲があるから、食べ物を食べたくなります。人を幸せにしてあげようという気持ちも、もしかしたら欲とも言えるのではないでしょうか。生きる活力には欲は必要です。しかし、自分の欲のために、人を傷つけてまでお金を得ようとしてはいけません。

あなたが利益を上げたことに関して、誰かが損をしていると考えるのではなく、お金持ちの人からお金を分けて頂き、そのお金持ちの人ができないことをしてあげると考えるのです。人からお金を奪い取るという考えではなく、お金持ちからお金を分けてもらって身近な人の幸せのために使ってはいかがでしょうか。

皆さんがお金持ちになることができたら、世の中で困っている人を一人でも多く助けて上げてください。世の中には、どこかで泣いている人がいます。人間社会は不平等で成り立っています。生まれもって障害をもってしまった子供、震災で亡くなってしまった子供達が何か悪いことをしましたでしょうか。悪いことをしたからといって、悪いことが起きたわけでありません。人は生きているだけでもとても幸せな状況にいます。人生を楽しもうという気持ちがあればいつでも逆転できるチャンスがあります。

株式市場でも、今後どんな仕組みが生まれてきても、利益を得たら人助けをするという重要なことを忘れてはいけません。多くの人が人助けをするという気持ちになれば世の中は良い方向へと徐々に変わっていきます。貧しい人達はお金を稼ぐ手段も知りません。とても幸せな状況にいるあなたの力を必要としている人達が世の中にはたくさんいるのです。

人は誰しも生まれてきてから使命を持っています。これが使命だと思えるものが一度は訪れると言われています。使命とは自分がやってきた方向とは違う方向を指し示します。会社員として一生を終わることだけが人生ではありません。他人が期待する人生を生きてしまったことを後悔してしまうかもしれません。人のために貢献できる使命が訪れた時に、それを選ぶことができるでしょうか。

私はこの本を通して、少しでも多くの方が投資で不労所得を得て、まずは家族との時間をもっとゆっくりと過ごせるようになってほしいと思い出筆しました。まずは身近な家族を幸せにしてあげてください。仕事ばかりではなく、家族との時間を多く過ごす余裕ができたら、次は、貧しい人達を助けて下さい。エゴや見栄を貼って無駄遣いをしてはいけません。戦後は何も物がなくても幸せに過ごせたのです。娯楽が繁栄した現代に惑わされてはいけません。人と幸せ比べをしてはいけません。日本人としての「和」を大切に人助けをしてください。人間が人間らしく生きていける、そんな豊かな世の中になればと心から願っています。


ランキング参加しています。応援クリックいただけますと、更新の励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


書評・レビュー ブログランキングへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。

 

日本人は「信じる」ことが美徳とされていますが、インフルエンザワクチンは受けない方が良い、二酸化炭素による地球温暖化は嘘、などと言われている意見は、なぜか受け入れられないことが多いですね。どちらの意見も聞いて、自分で考えて判断する力が必要ですね。

「国際銀行家たちの地球支配/管理の仕組み」

日本国民にとって明らかに不利益になることでも世界政府の決定があればそれに従わなければならなくなります。今でも国民主権はお題目だけで実際に機能しているとは言いがたい状態ですが、それでもシステムは主権を持った国民が国家としての意思を決定できる権限を持っているわけです。

ワクチン強制摂取の開始、オバマの娘は摂取拒否。海外の製薬会社のカモにされる日本。
日本で摂取が始まった当初から効かないことが関係者にはわかっていた。効果がないので、1994年には小・中学生への集団摂取も中止されてしまった。効かないことは厚生省もわかっている。対策をしていないとの批判を避けたいだけ。インフルエンザ ワクチンは血液中にしか抗体を作れず、喉や鼻には抗体ができない。ウイルスはどのや鼻から入るから感染は防げない。ウイルスは日々猛スピードで形を変えるので効果が期待できない。高齢者の肺炎や乳幼児の脳炎はインフルエンザとは無関係「かかっても重症化を防ぐ」も嘘。そんなデーターは全くない。インフルエンザ ワクチンは儲かる。自然にインフルエンザに感染した方が、ワクチンとは比べ物にならないほどの強い抗体が作られる。
もちろん賛否両々があります。大事なのは両方を知った上で判断することだと思います。

HIV感性が最も広がっている地域は、予防接種が徹底的に行われた地域と一致しているのです。

地球を救うためには強制堕胎と大量断酒が不可欠であり、本人の意思に関わらず、女性の妊娠中絶を強制させるべき、飲料水と食料に意図的に不妊役を入れて一般大衆を断種するなど、強制的な人工統制案が詳しく提案されています。

人為的地球温暖化説を信じる日本人は91%もいるそうです。日本では伝統的に「信じる」ことは美徳とされてきました。国際政治とは「騙される方が悪い」という虚々事実の世界であることを頭の片隅にでも置いていただきたいと思います。

「地球環境を守ろう」という美辞麗句の前には、誰も反対することはできません。

お金が人と人とを結ぶ道具となり、人間は初めて、「自分の好きなことをしながら生きていくことができる」という自己実現の可能性を手に入れます。

かつては、経済が成長すれば皆が豊かになるとされていました。しかし、実際には経済格差が拡大するのみで、一部の富者と大多数の貧者に別れてしまいました。貧者が増えれば消費が止まり、成長も止まります。経済成長が止まると直ちに深刻な不況や恐慌が発生します。このような行き詰まりを解消するために、戦争で全て破壊して一から作り直す「スクラップ&ビルド」と言われる愚かな行為が行われることもあるのです。実際、米国は不況になるたびに戦争を始めます。そして罪もない一般市民の生活が破壊され、命までも奪われていくのです。

サブプライムローン。少し冷静に考えればわかることですが、永遠に住宅が値上がりし続けるなんてことはありえません。

「少子化による経済規模の縮小」ですが、環境的見地からすれば経済規模が縮小していくことは逆に歓迎すべき事柄でしょう。

多くの移民は「日本人がやりたがらない仕事を外国人にやらせる」ための低賃金労働者だからです。この「日本人がやりたがらない仕事を外国人にやらせる」という差別意識が引き金となり、移民を大量に受け入れた国では必ず問題が起こります。米国では大規模なデモがあり、フランスでは暴動が起き、英国ではテロが発生し、ロシアでは民族主義者により移民殺害事件が頻繁に起きています。

一番の問題は金融危機です。これは茶番であっても世界中の人間に大きなダメージを与えます。しかし、今の銀行による貨幣システムを続けている限り、そのダメージを受けずに済ませることはできません。私たちは早急に新しい貨幣システムを構築し、日本の経済を再生する必要があります。

「お金が主人でなくなり、人間が人間らしい生活を送るための召使いになっていくれるのだ」と国民にといてリンカーンはその後暗殺されています。

お金の本質を知らないことが原因。

金融機関が我々の自由にとって常備軍よりも危険なものであると心底信じている。通貨の発行権を銀行から取り戻して、その正当な保有者である国民い返還すべきである。

あなたがシステムの頂点にいる本のわずかな力ある人間によって、とても簡単に管理されていることに気づくとき、いかにしてインフレや不況が起こされてきたかを知るでしょう。

我々の国が3000万ドルの公債は発行できて、3000万ドルの通貨は発行できないというのはなんとも馬鹿げています。




ランキング参加しています。応援クリックいただけますと、更新の励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


書評・レビュー ブログランキングへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。


お金のシステムがどのようにできてきたのか歴史から説明してくれている本です。普段何気なく使っているお金ですが、なぜ利子や借金で苦しむ人が世の中に出てきてしまうのかなど、この貨幣システムに疑問を持ったことがある人は読んでみると良いと思います。

「金融の仕組みは全部ロスチャイルドが作った」

一つは奴隷制が廃止された理由です。奴隷制は奴隷の面倒を見なければならない。強制的に働かすには暴力で脅す必要があるので、軍隊のコストがバカにならないのです。それに無理やり働かせているのでモチベーションがないから生産性も悪い。それより、解放して、一生懸命働けば豊かになれると思わせた方が、進んで働くから生産性が高いわけです。でも実際は賃金を管理されているから、いくら一生懸命働いても豊かになれないのですが。のちに植民地が独立できたのも、おそらく同じような理由によるものと思います。彼らの感覚は常に経営者なので、決して人道的な見地からではないでしょう。

1、スポーツの奨励、2、セックスの解放、3映画の奨励、この3S政策には、現代の日本人は見事にはまっていますね。愚民化政策でもある3Sは、大衆を娯楽に夢中にさせて政治に関心を向けさせないという効果と、日々の労働の辛さを緩和する鎮痛剤の役割を持っています。

旧約聖書では、「借りるものは貸す人の奴隷となる」と言っています。こうして次々と国家に対して貸し付けることによって、絶大な影響力を手に入れるようになったのが、ロスシャイルド家です。

お金自体が商品となり、コンピューター上の数字となったお金は、一瞬足りとも休む魔物開く利潤を求めて世界中を駆け巡るようになりました。年間通貨取引量は300兆ドルにまで膨れ上がり、これは全国家のGDPの10倍もあって、お金は地球を買うことができるような状態となりました。

今の貨幣システムでは、経済的な破綻か環境的な破滅か、どちらかという選択肢しかありません。

三者の力関係は「銀行>企業>国家」となります。法律的な見地からすれば、国家が銀行や企業の存在を認め、その営利活動を許しているからこそ銀行も企業も成り立っているのですが、国家が経済の分野を民間に委ねてしまっているので、健全としては国家が最高位にいても、実質的には銀行や企業の方が上位に位置しています。つまり、貨幣経済社会においては、お金を持ち、それを操作できるものが上に立つ。

米国政府は一株も保有していないFRB。ケネディはFRBを私有する銀行かを排除しようとして殺された。財務省によって発行された総額42億円ドルの政府権は、ケネディ暗殺後、速やかに回収されました。

ありとあらゆる手段を正当化できる。素直さや商事草といった国民としての立派な素質は政治に支障をきたすから、支配者となるとするものは詐欺に訴えなければならない。

いつでも歴史において犠牲になるのは特権階級ではない、金持ちでもない、指導者たちでもない、一般庶民たちなのである。

世界の基軸通貨という地位を得た米国は、ドルを印刷するだけで世界中から好きなものを手に入れることができるのです。

経済的な権力は、武力や威嚇、詐欺、公然と行われた窃盗によって手中に収められてきたのである。しかし、経済学者は、正当な価格は公正な市場均衡点で落ち着くと説明し、世界が公正であったことなどなかったにもかかわらず、世界が架空のしかも「おとぎ話」のような素晴らしい世界であるかのように、公正な市場をいかに機能するかという研究を続けている。一方、世界が実際どう機能しているかの研究はされていない。いかに歴史を作り上げてきたかを学ぶことから始める方が得策である。

原因の一つを形成しているのは、武力や他の圧力、または窃盗や詐欺行為なのである。さらに重要なことは、国家の支配によって権力が確立されるという子である。国家支配のためには、不都合な政治ライバルが暗殺されたり、誘拐されたりすることもあり、それに協力した仲間には報酬が支払われる。しかし、こうした国家支配のための秘密工作の手口も、合理的なユートピアで生活していればどんなに素晴らしい生活が遅れるかということを示す経済モデルにはほとんど反映されることはない。実世界で行われているのは、「いかに無償で利益をえるか」ということに集約される。

メディアは支配者層の道具

日本政府が財政破綻すれば、私たちの預貯金、年金、保険金も吹き飛ぶことになります。



ランキング参加しています。応援クリックいただけますと、更新の励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


書評・レビュー ブログランキングへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。


↑このページのトップヘ