知は権力?!

人生の幅を広げるには、人と会うこと。旅をすること。本を読むこと。

「貧しい人のことを考えて行動しよう」と言われてもわかったつもりになっていてるだけで、実際に貧しくなった経験がとないと人間ってわからないのかもしれませんね。

「私の幸福論」
同じ状況でも人によって、その感覚をもてる人ともてない人とががる。素朴な生活や貧しさや戦いの中でも幸福感はみたしてれる。文明は平和の恩寵に長く浴している人々では自分が幸福だと感じるハードルが高くなり幸福感は鈍くなる。

自分を大切にするということは自分をきずつけないように引き出しの奥に大事にしまっておくことだと勘違いしているのかもしれません。自分を大切にするとは、もてるものをあますことなく最大限につかいこなすことをいうのです。

新しい自分を切り開いて行くことに、私たちはもっと貪欲であっていいと思うのです。時には幼い子供達に習って、理屈ではなく全身を投げ出す勇気を奮い起こしてはどうでしょう。頭で考えれば滑稽だったりしても、子供達のようにひとまず信じてみるのもいいかもしれません。余分な知恵を長いあいだに身につけて、人生に対して慎重さばかりを求めるようにになったころにはなおさらです。

戦後、豊かさに向かってひたすら走ってきたのです。戦争で失ったものを豊かさがきっと穴埋めしてくれるだろう、これで平和になれると私たちは思ったのです。けれども走り続けるうちに、心の豊かさよりもモノの豊かさの方を求める気持ちが強くなっていました。モノが豊かになれば、心穏やかにそして豊かに生きていけるような気がしていたのかもしれません。ところが今になって、豊かさを手に入れること引き換えに取りこぼしてしまったこと、あるいは失ってしまったことがこんなにもたくさんあったのかと私たちは、愕然としています。

私たちふだんの日々のなかにも、書物を読み、人の話を聞いてわかったと思っていたものが、じつはわかったつもりになっていただけであったと、実際に体験をしてから気づことがあります。体験して獲得したもののほうが、頭での理解よりもよほどゆるぎないものだろうと私は思うのです。

延命治療というのは、いのちをただ引き延ばしているだけであって、その人にとってつねにもっとも大事な「生きる」ということに目を向けていません。そのために、いのちの質を著しく損なう暴力となることもあるのです。
愛する人達に「ありがとう」を伝えて旅立てるならば、それ以上に望むことはありません。「生まれてきてよかった」と心を込めていえるように、私は生きているかぎり、この一瞬一瞬を存分に味わうことに力を出し惜しみしない覚悟でいます。


ランキング参加しています。応援クリックいただけますと、更新の励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


書評・レビュー ブログランキングへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。

 

「子供にしてやれる最大の贈り物は、自分が好きなことをやって生活する姿を見せることだよ。」まだ、できてないですね。。。

「ユダヤ人大富豪の教え」

お金儲けのことばかり考えている連中より、仕事が大好きでしょうがない人間のほうが成功するのだ。

世の中には、二通りの人間しかいない。自由な人と不自由な人だ。自由人とは、経済的、社会的、精神的に独立して、誰からの援助も指図も受けない。その人個人が考える通りに人生を生きている。

大多数の人間は、いまいるところで頑張れば道は開けるとカンテしまう。そこで、無駄な戦いをやって、ボロボロになって力つきてしまうのだ。

君が金持ちになりたいなら、会社員でいるという期間はできるだけ短いほうがいい。会社に長くいると君は人生を生き抜いて行くパワーを知らない間に抜かれてしまうだろう。特に日本の会社はハラキリまでさせるらしいから、気をつけなさい。

医者、弁護士は、収入の多い不自由人。
収入の多さと自由人であるかどうかは関係がない。収入が多い人間は、支出も多いものだよ。自由人の定義は、仕事をしなくても生活していける人だよ。弁護士や医者になる連中は、小さい頃から学校の勉強ができ、親の言うことを聞いてきた人間が多い。小さい頃から得意なことばかりやってきたタイプだ。頭脳が優秀なことと、お金のことを知っているかどうかは、まったく関係がないのだよ。

君にわかってもらいたいのは、金持ちになれば、多くの人を助けることができるということだ。お金に縁のない人にはその力はない。金持ちは、お金や知恵を使って多くの人を助けられる。君は、社会のシステムのおかしさについて嘆くより、金持ちになって多くの人を援助してあげることもできる。

夢を追いかけるのを忘れて、安定した人生を選んだ人間は、言ってみれば「退屈な人生を生きる終身刑」を自らに課しているに等しい。

子供にしてやれる最大の贈り物は、自分が好きなことをやって生活する姿を見せることだよ。

感性豊かな人は、この話を直感的に理解することができる。でも、自分の好きなことを小学校以来やっていない君のような人間には、さっぱりわからないらしい。

成功する人ほど、直感が研ぎすまされている。ビジネスに投資するにも、人と付き合うのにも、直感を信頼しなさい。頭で考えても駄目なことがたくさんある。大成功した連中に正規の教育を受けていない人が多いのもこのためだよ。大学教育を受けてしまうと、頭で考えるクセがついてしまう。人生やビジネスの実践で大切なのは、どんあときでも生抜く動物的勘だ。

偉い人には、あたかも彼が偉くないかのように接しなさい。そして、偉くない人には、あたかもその人が偉い人のように接しなさい。

金持ちになっていく人間は、新車を買わない。「必要なもの」と「欲しいもの」の違いをよく知っている。欲しいものは、なくても生きていける。

富みを築こうと思ったら、最愛の人と結婚し、いつまでも幸せでいることだね。それは、どれだけの富みよりも素晴らしい。問題があれば、できるだけその場で話をすること。その日のうちに解決すること。何かを決める時には、二人の100%の合意で決めること。

大切なのは、夢見ることを忘れないことだ。残念なことに、ほとんどの人間は、夢見ることを忘れてしまっている。

君が幸せで充実した人生を生きることを100%信じているよ。全身全霊で、君の人生の幸せを祈っている。そして、君が将来触れることになる何百万人の人の幸せもね。君に神様のすべての祝福がありますように。



ランキング参加しています。応援クリックいただけますと、更新の励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


書評・レビュー ブログランキングへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。


気づかないうちに自分の行動が人の意見に左右されていることって意外と多いかもしれませんね。

「自分で考える人が成功する」
いい学校に行ったくらいで人生はなんとかなると思い込んでいる親のほうが世間知らずもはなはだしいのです。親のほうがよっぽど勉強し直した方がいいでしょう。

他人の考えで正解するより、自分で考えて間違う方が楽しい。

「今まで自分はこんなふうに思っていた、でも確かにそういう考え方もあるんだ」という新しい考えに気づいて行くことが学習です。

学校の優等生ほど、自分で考えられなくなる。学校の成績がいいということは、自分の頭で考えないことが得意ということ。学校の成績が悪い方が、頭がいいということなのです。アインシュタインは学生時代落ちこぼれで、授業中頭の中でいろいろな空想を描いていた。

今の仕事が面白くない人のほうが、自分で考える力を持っている。

日本の奴隷の教育を受けると自分で考えるのが面倒くさくなる。教育とは奴隷を作る仕組みです。

聞いたことは忘れ、見たことは覚え、したことは理解する。

ペンがあると人間は考えるのです。

雑談が面白いのは知識のある人より、観察力のある人。釣瓶さんがすごいのは、面白いおじさんを見つけるのがうまいことです。いろいろなことを知っていても、観察力のない人の話ほど、つまらないものはありません。

あらゆる学問は雑学である。

本を読まない人に足りないのは、お金や時間ではなく、知性。学校で受けてきた教育は、本を読まない人間を育てる教育の仕組みです。最近の人は本を読む人と読まない人との差がついてきている。本を読むのは娯楽だと思っているのです。本を読まないとバカになります。本が高いと思ったら、それがあなたの知性の限界。本ほど安いものはありません。


ランキング参加しています。応援クリックいただけますと、更新の励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


書評・レビュー ブログランキングへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。


↑このページのトップヘ