知は権力?!

人生の幅を広げるには、人と会うこと。旅をすること。本を読むこと。

確かにテクニカル分析や統計学がうまく動作する時期もあれば、マーケットがニュースに敏感な場合は動作しない場合もありますね。

「たまたま 日常に潜む「偶然」を科学する」

統計学が何かの役に立つ時は統計学を使う。それが危険な時は使わない。自分が間違っていた場合に払うことになる代償は間違いなく限定されているようにする。生き残っているトレーダーは全員そういうやり方をする。


ランキング参加しています。応援クリックいただけますと、更新の励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


書評・レビュー ブログランキングへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。

 

高齢者の海外移住なども検討されることもありましたが、日本でも高齢者の街CCRCも検討されているのですね。しかし、アメリカの富裕層のCCRCは豪華ですごいですね。。。

「高齢者の“大移住”が始まる!?」

CCRC「Continuing Care Retirement Community」の略。 直訳すると「継続的なケア付きの高齢者たちの共同体」

新潟などで、元気な高齢者のセカンドステージとして楽しめる施設を作る計画。

大学、病院、テニスコート、ビリヤード、ゴルフ場などいろいろな施設を入れる。大学では、海外の留学生に高齢者が日本語を教える。

地元の介護施設ではウエイティングリスト待ちの状況。

高齢者が安心して過ごせるようCCRCの理想的な構成を練る。

CCRCで豊かな老後を過ごせるのか?当初、CCRCで見込んだ1000人のうち200人しか来なかった。収入が見込めず、フィットネスなどの施設などが中止された。ヘルパーの人数が少なくなり、十分なサービスが受けられない現状。

高齢者の住みやすい街を作ろうと思っても、なかなか作ることができなかった。

アメリカのようにはいかなかった。

アメリカのCCRCは富裕層向けであった。アメリカの場合は、金銭と契約上の医薬のサービスが約束されている。日本の高齢者の経済力では負担をまかなえない、医療サービスの約束がされていないのが問題。

都会の高齢者を、地方の空き家を利用したCCRCを作るという案もある。空き家に高齢者に移住してもらい、そこに病院を作る。若い人や子育て世代にも安い家を提供し、町おこし型のCCRC。


 

Facebookなんかで自撮り写真を載せまくるのも相手に見慣れさせる手段の一つになるかもしれませんね。

「恋顔」になりたい! 愛される顔にはルールがある」

1.左右対称の顔 2.平均的な顔 平均顔をコンピュータで割出したものに近い顔が、「美形」とされます。3.子供っぽい顔ロリコン、ショタコンの話ではなくて、額が広いとか、瞳が大きいとかですね。 4.女性的な顔

好かれる顔の条件は、美形だけではない。あなたも経験があるかもしれませんが、よく行くコンビニにいるバイトの女の子をかわいく感じてしまったり、別にカッコよくないのに魚屋のお兄さんを好きになってしまったり。「人間は慣れたものを好きになる傾向がある」と言ってます。見知らぬ人の顔写真を何枚か準備して、2秒ずつ、何度か繰り返して、被験者に見てもらいます。そのとき、ちょっと細工をして、「見せる回数」を調節します。例えば、「山田さんの顔写真」を25回見る被験者もいれば、2回しか見ない被験者もいるといった具合に。そして、最終的にすべての写真に対して、「その顔が好きかどうか」を判断してもらいます。するとどうなったかというと、多くの被験者に共通していたのが、顔写真を見る回数が多かった顔が「好きだ」と判断されたということです。この効果を、「単純接触効果」というそうですが、つまり、たくさん顔を合わせて「見慣れ」させれば、好感をもたれやすいということがいえるんですね。自分の顔に自信がない!しかも相手は面食い!なんていう人は、短期決戦よりも長期戦の恋愛の戦略を立ててみてもよいのかもしれませんね


ランキング参加しています。応援クリックいただけますと、更新の励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


書評・レビュー ブログランキングへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。

 

↑このページのトップヘ