知は権力?!

人生の幅を広げるには、人と会うこと。旅をすること。本を読むこと。

お金の仕組みがよくわかる本を読んでみました。日本の借金は世界の主要国でトップです。日本が破綻するかしないかも議論されてますが、破綻しなくても、この借金返済のために増税と社会保障の削減に迫られているので、私たちの老後や未来の子供達は、この借金返済のために増税されていくので、今の親の世代よりも生活は苦しくなることが予想されそうですね。。。

それと未だに建設業で建物を立てればお金が世の中に回って景気がよくなると信じている人もいるようですが、無駄な公共事業にいくらお金を費やしても経済成長はしませんよね。ま。その辺が気になる方は以下の本を読まれるのも良いかと思います。

「サヨナラ! 操作された「お金と民主主義」 なるほど! 「マネーの構造」がよーく分かった」

税金の本来の意味が逆転、所得再分配から借金の支払いに化ける。

作偽的な不況と政府の借金漬けは、国民生活破壊の源

財政赤字の返済を口実にして、増税と社会保障の削減を国民は迫れられている。消費税率の引き上げ、年金の支給開始年齢の引き上げ、支給額の引き下げ、年金保険料の引き上げ、医療費の自己負担の拡大、国立大の学費の増加、子ども手当の廃止など、あげればキリがない。こうして国民生活のサービス引き下げは、本来なら作る必要もない借金を口実に実行されていくのである。

無駄な公共事業の数々。バブル崩壊以来の日本では、経済成長をさせないようにするためのありとあらゆる無駄と不毛な政策が行われている。国民の生活を豊かにしないように無駄なことにお金を使わせている例として、膨大な経済的支出を行った原発や、空港を100箇所以上作った無駄な公共事業の数々。お金は人を簡単に変えてしまう。

日本は誰の利益のための政治を多なっているのか?日本はアメリカの利益のための政策を実施している。

金融支配の背後にはいつも軍事力が隠れている。また、その逆も真なり。「お金の力」「暴力の力」この二つの仕組みを理解しなければ、現在の政「金」分離の民主主義は見えてこない。

日本は本当に財政破綻しないのか?答えは、金融の原理からすれば破綻はしないが、政治的な流れで破綻する可能性はあるということだ。

自らが何が正しいかを開拓しようとしなければ、思考停止に陥り、偽りの権力に操作されやすくなる。それこそが真理を独占してきた連中の望むことなのだ。

この矛盾するような状態に多くの人は混乱する。自由を推し進めてきた勢力が、不自由を作り出す。

 

ランキング参加しています。応援クリックいただけますと、更新の励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


書評・レビュー ブログランキングへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。

筆者の言うように、将来の不確実性は高まっているので、ある程度将来求められる職などの予測と、どんな変化にも対応できる能力が必要だと感じました。

また、筆者の「成功したければ、誰もいない場所を選びなさい」もなるほどと思いました。アメリカのエンジニアの職でも日本とアメリカでは、待遇が全く異なるので、戦う場所を変えると言う戦略は大事な気がします。

「マレーシアの大富豪の教え」

私たちビジネスパーソンは、そのほとんどが「持たざる者」としてキャリアをスタートさせる。そこから、どうやって成功を掴み取って行くのか?どうやって充実した人生を切り拓いていくのか。小西氏は、若くして異国に渡り、一代で大富豪になった小西以外では語り得ない「最強の人生訓」だ。

成功したければ、「誰もいない場所」を選びなさい。

東京から石川県に住民票をかえ、トップの成績で先行されることに成功。東京ではなくマレーシアで起業。同じ努力をしても、「戦う場所」によって人生には天と地の差が生まれるのです。同じ努力をしても、「戦う場所」で結果は変わる。自分の意思で「戦う場所」を選ぶ。

リスクを避けるように生きるのは間違いだと思っています。リスクとは避けるべきものではなく、自分が取れるリスクをしっかりと見極めた上で、許容できる範囲内で積極的に取りに行くべきものなのです。「ハイリスク」と「無謀」は全く異なるものです。

人生とは「想定外」のものである。

トラブルから逃げずに、全力を尽くす人間は信頼できる。そして、そのような人物には、自然と支援の手が差し伸べられる。人生が切り開かれて行くのです。

「小西はいつも何か新しい話を持ってくる」「小西と会うと得をする」という期待感を持ってもらえれば、相手が積極的にあってくれるようになる。「いい情報」を持てば、相手から「会おう」と声がかかるようになるのです。相手から「いい情報」を与えられような関係性を築くこと。

「あなたは、人生においていくつかの幸運に恵まれた。自分の実力だと勘違いしていいけませんよ」

交渉するときには、どんな相手に対しても「自分の最低ラインはここだ」と、明確にしておくべきです。「これ」を超えあたら終わりだと「思う」ことが極めて重要なのです。これがないと、相手のエゴにズルズルと引っ張られて際限がなくなってしまうでしょう。

「群れる人間」は弱く見える。たった一人で起業下が、そう言う状況で人は鍛えられる。そもそも、厳しい場所であればあるほど、一人で行くほうが強い。日本企業に多いのですが、交渉の場にずらずらと何人もやってくる。これは、実は弱そうに見えるのです。人数が多ければ多いほど弱そうに見える。

まず「群れ」から離れること。世の中の多数派と同じ選択をすることで、安心を得ようとするのではなく、自分の意思で「戦う土俵」を選び取ることです。

「能力の差」ではなく、「根性の差」が人生を決める。

「成功」とは自分の人生に満足すること

世界は不確実性を増しています。社会変動のスピードは速くなる一方で、一寸先を見通すことができる人など一人もいません。そして、全く想定外の自体が次々と襲いかかってくる。何が起きてもおかしくない、そんな時代を迎えているのです。

このような時代を生きる上でもっとも危険なのは、自分以外の「何か」になんとなく追随するような生き方をすることです。

必ず自分の意志で人生の選択をすることが大切です。何かに守られていないと言う自覚がありますから、常に緊張感があります。それは決して心地よいものではないかもしれませんが、だからこそ変化や脅威に敏感で入られます。


ランキング参加しています。応援クリックいただけますと、更新の励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


書評・レビュー ブログランキングへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。

国民にお金を配らずに、金融経済にお金を流すので、株をやらずに銀行にお金を入れているだけの人は金融政策の恩恵に預かれないということだったのですね。

「嘘まみれ世界金融の「超」最大タブー」 

地球というのはあくまでも有限な世界で、絵画れた世界の中ですから地球の持っている生産力というものには限界があるし、洗浄化というものにも限界があります。地球の持っている生産力や洗浄力の範囲でないと、我々の経済活動というのは行えないわけです。ところが、お金というのは単なる数字ですから、いくらでも増やすことは可能なわけです。利子というのは必ず取らなければならないという仕組みが、お金が創られる時点からできているのです。

我々の経済は、経済成長をしないと破綻してしまうのです。

経済学をいくら学んでもどうして景気変動が起こるのか、バブルになったり暴落するのかなどの原因をわからなくさせられてきたということです。

意図的に計画された社会の詐欺設計図としての経済学や政治学

物価上昇させますと言って、金融経済にばかりお金を入れているのが今の日銀の政策です。これは、お金持ち優遇政策な訳です。こういった株や不動産屋債権などをたくさん持っているのは誰かというと、国際銀行家などのお金持ちです。ここにどんどんお金が流れていけば、当然そういったものの価格が上がるので資産価格がものすごく増えるわけです。でも一般人には全然恩恵がありません。

物価2%に達成するというなら、銀行に80兆円も国際を買いお金を入れたりETFに3兆円入れたりということはしないで、皆にお金を配ればいい。単純な話です。


ランキング参加しています。応援クリックいただけますと、更新の励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


書評・レビュー ブログランキングへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。


↑このページのトップヘ