知は権力?!

人生の幅を広げるには、人と会うこと。旅をすること。本を読むこと。

NHKで放送されたドキュメンタリー「エンデの遺言--根源からお金を問う」を1冊の本にまとめたものですね。今のお金の仕組みが本当に正しいのか疑っている人は読んでみるといいとは思います。

「エンデの遺言」

金融システムは、これまでのあらゆる戦争よりも、あらゆる環境の困窮よりも、あらゆる自然の災害よりも、多くの死と貧困と問題を生み出しています。このシステムは、実際、大半の戦争の根であり、大半の対立、社会崩壊の根です。

異常気象、土壌流出などで傷んだこの惑星の上で、60億の人間の半数が栄養失調に苦しみながら生活している反面、たった6%の人間が地球上の富の59%を独り占めにしています。

通常のお金のシステムでは、お金を貸し付けること、つまり保有を一時的に断念することに対して報酬を与えています。お金を借りた人は当然のように利息を払います。誰もこれを疑いません。しかし本当にそれが当たり前なのでしょうか。

お金を持っている人間はお金を持ち続けても費用がかかりません。対照的に、例えば、農民はタネを蒔くのを延期できません。ですから、タネを蒔く資金を借りるのを急がされることになります。これでは、取引をしようにも、立場が違いすぎます。片方は、自分に有利になるまでいつまでも待てるわけですから。貨幣提供者が農民に貸す場合は、利子を請求します。嫌だとは言えません。お金を持つ者は「安楽椅子」に座るがごとく待っていればいいのです。ここにお金の力の根元がありますが、銀行はそれを持っているのでBANKと言われるわけです。

いま世界経済は巨大なカジノと化しているように見えます。

お金の常識を疑ってみるところから始めて、地域通貨を作り上げて行く取り組みが進められれば、私たちの経済や社会、自然についての新しい価値観が生まれ出てくるはずです。



ランキング参加しています。応援クリックいただけますと、更新の励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


書評・レビュー ブログランキングへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。


有名な「モモ」の物語読んで見ました。物語なので要約かけませんが、1分1秒をと仕事に追われて残業しているビジネスマンに読んでほしい物語ですねー。これ読むと、生きるために不必要な物への無駄遣いや、子供のおもちゃなどにもお金をかけたくなりますねー。モモの物語の本と一緒に「エンデの遺言」も読むといいと思います。エンデの遺言で、お金のシステムなどモモの物語を使って説明されてます。

「モモ」

人々は「良い暮らし」のためと信じて必死で時間を倹約し、追い立てられうようにせかせかと生きています。子供達まで遊びをうばわれ、「将来のためになる」勉強を強制されます。この病気の原因に気づいて警告しようとする人は、ベッポのように狂人として精神病院に隔離されるでしょう。夢に生きているジジは、この世界では巨大な情報産業に踊らされる操り人形のような作家になります。こうして人々は時間をうばわれることによって、本当の意味での「生きること」をうばわれ、心の中は貧しくなり、荒廃してゆきます。それとともに、見せかけの能率の良さと繁栄とは裏腹に、都会の光景は砂漠と化してゆきます。



ランキング参加しています。応援クリックいただけますと、更新の励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


書評・レビュー ブログランキングへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。


100均シリーズは、よくまとまってますね。100均シリーズの本を書いている人って、いろんな本を読んでまとめてる感じです。

「平常心」
世界的に見ても、日本人は特に自分に自信がないようです。謙虚さは美徳とされていますが、何事にも限度というものがあります。自分に対しての評価が低い人は、いざという時に行動できなくなってしまうのです。

たとえ批判されたからと言って、それがあなたの周囲にいる全員の意見ではありません。惑わされる必要はないのです。

物欲というものは、満たそうと思ってものを買い求めるたびに、無限なく膨れ上がって行くものです。特に他の人と比べて始めてしまうと、この傾向はどんどん加速していきます。「あの人は、私よりも高価なバックを持っている」「あの人は、ちょっといいランチを毎日食べている」なんて些細なことで、悔しがったり、苛立ったりしている。高いもの、たくさんのものを持っているからといって、それが立派な人である証明にはなりません。ものの価値に囚われている人は、どれだけものに囲まれても幸せになり得ません。

眠りにはストレスを解消する作用があります。睡眠の質が悪いと、体に溜まったストレスがなかなか抜けず、不安や憂鬱、諦めの感情が起こりやすくなってしまうのです。
人間は、真っ暗よりも少し明るい場所の方がゆっくり眠れるのです。夜眠る時は、カーテンからわずかに外のあかりが入ってくるくらいがちょうどいいでしょう。音についても同じ、完全な無音よりもわずかな物音があった方が、ゆっくりと眠れます。アイマスクや耳栓を普段から使うのは、お勧めできません。

時には断る勇気も大切。あなたに余裕がない時は、頼まれごとの安請け合いをするのは危険です。

世界中の人のうち、ほんの数名から嫌われたところで、大きな影響はありません。

あなたが「ついていない」と感じるのは、勝手な思い込みの結果です。「何かが手に入らないから不幸」と考えるのをやめてしまいましょう。

辛さを味わった人は、人の心がどれだけ繊細で、傷つきやすいのかを理解しています。

苦労や困難に合わなくても、人は幸せになっていいはずです。

新しいことを初めてみよう。失敗の中に、何か光るものが見つかるかもしれません。未経験だけど、スポーツやダンスを初めて見たいなど。他人からどう見られようと、あなたに実害は及ばないのですから。

↑このページのトップヘ