知は権力?!

人生の幅を広げるには、人と会うこと。旅をすること。本を読むこと。

またまたですが、100均シリーズの自己啓発本です。人生、お金、仕事、恋愛、子育て、などで悩み事がある人は読んでみては良いかと思います。

「夢を叶えるためにすべきこと」

恋に恋していると気づいたら一度冷静に。本当に辛く苦しいと感じる場合は、本当に相手のことが好きなのかどうか、一度冷静になって再確認してみるべきです。そこで、ちょっとでも違うなと思ったらスッパリと諦めるのも選択肢の一つと言えるでしょう。こうした判断ミスをしがちなのが、恋に恋しているケース。年頃で恋人がいないと肩身がせまいため、恋人を選ぶ際に「誰もが羨む人だから」「周囲への優越感を得たいから」などの見栄っ張りな理由でパートナーを選んでしまうと、付き合ってもうまくいかないことが多くなります。

恋愛に失敗しないためには、条件より波長を重視。恋愛、結婚がうまくいかないのは条件を優先させるから。世の中には、いい男、いい女なのになぜか恋愛運や結婚運が悪く、せっかく付き合い始めてもすぐ別れたり、結婚しても程なく離婚したりといったことを繰り返す人たちが少なからずいます。そんな恋愛や結婚に恵まれないタイプに共通する特徴が、お互いの波長が合うかどうかよりも「背の高さ」「年収の多さや会社、肩書き」「ルックスの良さ」など、誰にでもわかりやすい条件を重視してパートナーを選ぶ傾向がある点でしょう。

相性ドンピシャの運命の人を探し出すのは至難の技。

パートナーの浮気に悩んでいる。「相手が悪で、自分は被害者」と考えても何も生まれない。「不倫は文化だ!」といった芸能人もいますが、世間一般の常識から考えると「浮気は悪いこと」でパートナーへの「裏切り」とされます。だからこそ、夫(妻)に浮気された妻(夫)は「自分はかわいそうな被害者」という被害者意識を強く持つものです。しかし、こうした状況を単なる善悪や加害者、被害者の関係で捉えるばかりでは、幸せはやってきません。浮気を乗り越えてそのパートナーと一緒にやっていきたいのか?あるいは浮気した彼(彼女)から離れる決心をするか?どちらが幸せかの選択に向き合うことです。なぜこうなったかではなく、これからどうしたいのか。「子供がいるから離婚できない」などのように子供を理由にせず、本心でどうしたいかに向き合ってください。その際に、「夫(妻)」の浮気をやめさせたいと思うかもしれませんが、他人は変えられません。「私に注いでくれる愛は以前と変わりない」と思えるならやり直し、浮気をした相手を受け入れられないなら、別れるのがベストです。幸せな方を選ぶ思考が、望む未来を引き寄せるのですから。

相手を変えようとせず、自分が変わるようにすること。

素直な子を育てる秘訣。「スキンシップを大切にする」と「子供を支配しない」という2つのポイントです。

子育てに正論なし!自分なりの方法をポジティブに。子育て本を参考にするにしても、必要以上に他人と比べる必要はなく、各々の家庭の事情に当てはめてアレンジし、自分なりの方法を見つけていくのがいいでしょう。

未来日記という望む未来を先取りして書いていく。ポジティブで未来予想上手な有名人たち。「根拠のない自信」出会っても、将来の成功を信じてポジティブ思考をキープし、成功した有名人は多いものです。女優の中谷美紀さんは毎日5分の瞑想を日課にしており、「自分の願いがかなった瞬間っていうのをイメージすると、笑っちゃうくらい見事に願いが叶うんですと」発言しています。漫画家の尾田栄一郎さんは、大学を中退し、漫画家を目指していた頃から周囲に自分のサインを配っていたとか。音楽界では、無名時代からすでに「私は大スター」と思って街を歩いていたのがレディーガガ、高校時代、周囲の友達が「将来はGoogleで働きたい」という中、「自分は検索される側になる」と考えていたというエピソードも有名です。「大丈夫、成功する」と信じ、でっかい夢を持つことが大事

明るい性格は財産よりも尊い。

あなたの夢を達成した人たちの輪に飛び込むこと。「あたかも夢を実現したのも同然」な気分を味わえるのはもちろん、目標達成に必要な情報に随時接したり、アドバイスを受け取ることができたりするので、夢の実現や目標達成に役立つことはいうまでもありません。

まだ夢を叶えていない人と会話する際は要注意です。

なんども口に出し、公言する。不言実行よりも、「有言実行」が夢をたぐり寄せる。

何にか嫌なことが起こっても、あとで振り返ると「あ、あれで良かったんだ」と思えることって多いものです。ですから、「今起きていることは全て正しいことで、自分の思いが望み招いたもの」と大きな視点で捉え直すと、、未来はいい方向に進むものです。凹んだ時も「全てはうまくいっている」と無理にでもつぶやいてみると、不思議と逆境をバネに変えられるのです。

青年よ、成功するなら”奥ゆかしさ”よりビッグマウスだ!

頑張りすぎは、美徳とは限らない。無理せず楽しんで夢中になろう。余裕のない必死さと楽しんで夢中になるは違います。

お金儲けをしたいなら「どうして」を考える。

毎日おしゃれを楽しむ方が、ずっとハリのある気持ちがキープできる

病気や太っていることばかりにとらわれない。美味しいものを食べる時は太ることは気にせず、食べ物に感謝しながら幸せな気分で食べるよう心がけましょう。

あなたは、よく空を見上げていますか?小さなことにくよくよしているのがバカバカしくなり、明るく前向きになってスッキリするものです。

トイレ掃除をするとお金持ちになれるとか、成功できるかと言われます。イエローハットの創業者、ビートたけしさんや和田アキ子さん、タモリさんなど成功者がトイレ掃除で陰徳を積んで来た意外性が、反響を呼んだからです。トイレを綺麗にすることで、謙虚になれる、気づける、感動できる、感謝の心が芽生える、自分の心が磨けるなどの効用がある。

冷蔵庫の中を片付けてみる。

はいってみたかったお店に入る。いくつになっても、好奇心を持って行動しよう。 「あー面白かった」と言える人生を歩みたいものです。今いる場所から、少し世界を広げよう。知らない人、こと、ものと出会うからこそ、人生は面白いのです。

NHKで放送されたドキュメンタリー「エンデの遺言--根源からお金を問う」を1冊の本にまとめたものですね。今のお金の仕組みが本当に正しいのか疑っている人は読んでみるといいとは思います。

「エンデの遺言」

金融システムは、これまでのあらゆる戦争よりも、あらゆる環境の困窮よりも、あらゆる自然の災害よりも、多くの死と貧困と問題を生み出しています。このシステムは、実際、大半の戦争の根であり、大半の対立、社会崩壊の根です。

異常気象、土壌流出などで傷んだこの惑星の上で、60億の人間の半数が栄養失調に苦しみながら生活している反面、たった6%の人間が地球上の富の59%を独り占めにしています。

通常のお金のシステムでは、お金を貸し付けること、つまり保有を一時的に断念することに対して報酬を与えています。お金を借りた人は当然のように利息を払います。誰もこれを疑いません。しかし本当にそれが当たり前なのでしょうか。

お金を持っている人間はお金を持ち続けても費用がかかりません。対照的に、例えば、農民はタネを蒔くのを延期できません。ですから、タネを蒔く資金を借りるのを急がされることになります。これでは、取引をしようにも、立場が違いすぎます。片方は、自分に有利になるまでいつまでも待てるわけですから。貨幣提供者が農民に貸す場合は、利子を請求します。嫌だとは言えません。お金を持つ者は「安楽椅子」に座るがごとく待っていればいいのです。ここにお金の力の根元がありますが、銀行はそれを持っているのでBANKと言われるわけです。

いま世界経済は巨大なカジノと化しているように見えます。

お金の常識を疑ってみるところから始めて、地域通貨を作り上げて行く取り組みが進められれば、私たちの経済や社会、自然についての新しい価値観が生まれ出てくるはずです。



ランキング参加しています。応援クリックいただけますと、更新の励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


書評・レビュー ブログランキングへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。


有名な「モモ」の物語読んで見ました。物語なので要約かけませんが、1分1秒をと仕事に追われて残業しているビジネスマンに読んでほしい物語ですねー。これ読むと、生きるために不必要な物への無駄遣いや、子供のおもちゃなどにもお金をかけたくなりますねー。モモの物語の本と一緒に「エンデの遺言」も読むといいと思います。エンデの遺言で、お金のシステムなどモモの物語を使って説明されてます。

「モモ」

人々は「良い暮らし」のためと信じて必死で時間を倹約し、追い立てられうようにせかせかと生きています。子供達まで遊びをうばわれ、「将来のためになる」勉強を強制されます。この病気の原因に気づいて警告しようとする人は、ベッポのように狂人として精神病院に隔離されるでしょう。夢に生きているジジは、この世界では巨大な情報産業に踊らされる操り人形のような作家になります。こうして人々は時間をうばわれることによって、本当の意味での「生きること」をうばわれ、心の中は貧しくなり、荒廃してゆきます。それとともに、見せかけの能率の良さと繁栄とは裏腹に、都会の光景は砂漠と化してゆきます。



ランキング参加しています。応援クリックいただけますと、更新の励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


書評・レビュー ブログランキングへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。


↑このページのトップヘ