知は権力?!

人生の幅を広げるには、人と会うこと。旅をすること。本を読むこと。

いつもの100均シリーズですが、「ホンマでっかTV」でも人気の恋愛関係のテーマですね。

「男のホンネ 女のホンネ」

男性は上下関係を気にしすぎて、発言をためらってしまうことがあります。女性は団結や集団の和を非常に大切にするあまり、一度まとまりかけている状況で、反論する空気を許さないことも。

男性はどうして察しが悪い?集落で共同生活を行う女性たちは、怪我や病気など、一緒に生活する仲間の小さな変化にも敏感でなければいけません。そのため、他人の状態を察する能力が鋭敏になっていきました。男性にはプラモデルや漫画、腕時計やライターなど、色々な種類のコレクターがいるようです。これはひとえに狩猟本能があるため。ものを収集することで、喜びや満足感を味わう人が多いのです。

女性は苦い経験をいつまでも覚えている。女性は過去の出来事を、さも今起こったかのように思い出すことができます。女性は脳の長期記憶を司る領域で感情を処理しています。

男性はデーター重視。店頭の商品を見比べたり、カタログに書いてあるスペックを見て、あれこれ悩むのが男性の買い物の醍醐味のようです。女性は直感を重視するため、商品を見た印象で好きか嫌いかを判断し、ものを選びます。

目が逢う回数が多い。男性は狩人としての本能を持っているため、狙っている相手をどうしても目で追ってしまうのです。いつも視線を感じる。目が逢うというのは、好意があるという証拠。

お酒を飲んで自制心が緩むと、本能が求める行動をとるようになります。楽しい飲み会の後などは、どうしても人恋しくなるもの。そんなタイミングで電話をするというのは、好意を持っている証拠と言えます。

女性は切り替え上手。実際は「元彼のことももちろん覚えているけれど、どうでもいいので全く思い出す必要がない」が正解ということです。男性はいつまでも捨てられない。男性にはコレクション欲があるため、過去の経験をトロフィーのように大事にとっておきます。

女性はたとえ気になったとしても、男性の過去の恋愛について追求したり、相手の過去の恋人を強く否定するのはやめておきましょう。男性の方は女性の前で、自分の過去の恋人について語らないようにしましょう。男性から女性へ話すときは「あまり思い出すことはないかな」。女性から男性へ話すときは、「友達の紹介で付き合ったけど、あまり気が合わなかったな」

男性は素直に謝ることができない生き物です。たとえ自分が間違っていたとしても、怒りのスイッチがオンになってしまうと、ついつい維持を張ってしまうことがあるのです。女性からすると、どうしてそこまで意固地になるのかわからず、不思議に思うかもしれません。男性はプライドが高いため、謝ることは「自分の負けを認めること」だと考えてしまう。

女性は過去を引きずってしまう。「相手が絶対に間違っている!」と感じたら、なかなか相手を許すことができません。

男性は「若くて健康的=健康な子供を生みそう」な女性を望み、女性は「年上で成熟している=社会的な地位が高く、安定した家庭を築けそう」な男性を望むということだと考えられます。

男性の場合は、仕事や勉強に打ち込んで、尊敬される部分を磨き続ける。この人についてけば大丈夫だと、女性に思わせることが大切です。女性の場合は、男性を積極的に頼るようにする。男性の成熟を促すと同時に「彼女を守ってあげたい!」と感じさせましょう。

男性から女性を誘う場合は「夜景の見える話題のレストランを予約したよ」突然のサプライズと、ロマンチックなシュチュエーションに喜ばない女性はいません。女性から男性を誘う場合は「たまには、あなたの好きな〇〇を見に行かない?」男性はバイクや車、ゲームなどの趣味にロマンを感じます。時々付き合ってあげましょう。

男性は女性の「いつ結論が出るかわからない会話」が苦痛です。女性は男性の「俺、すごいだろ?」というアピールに興味がありません。

男性は本当はアドバイスもされたくない。

女性はお化粧をしたり、ファッションに気を使ったりするのは、必ずしも男性からの視線を気にしてのことではありません。女性同士の中で浮いたり、おかしく見えたりしないように注意を払っているというのも理由の一つです。男性はというと、女性に比べて他人から見られていることに無頓着であることが多いようです。

夫にとっては、「いつもと変わらないこと」も愛情表現。

女性の方がタフで長生きでる。夫がいなくても平気。

女性は共感されることが大好き。他の人が気づいていないところに共感してもらうことで、「ここに気づいてくれるなんて!」という、特別感や満足感を味わえるのです。

また、ダイソー100均シリーズです。人と喋らないと寿命が縮むっていうのはわかる気がしますねー。

「今すぐ身につく雑談力」

たかが雑談、されど雑談。雑談上手になると、あなたの人生が「幸せ色」に変わる。人間関係は、雑談によって作られるといっても過言ではありません。

おしゃべりと男女の寿命の深い関係。「年齢と性別を超えて、人間関係の絆が強い方が一貫して死亡率が低い」と示唆しています。人間関係はおしゃべりや雑談で作られるとの考え方が定着してきています。おしゃべりで雑談でコミュニケーションを活性化させて豊かな人間関係を築き、絆を強めた方が人間の寿命は延びる可能性があるのではないか。

「女性が長寿なのはおしゃべりのおかげではないか」との推論もある。

「経営者の仕事は雑談と決断の二つだけ」とも言われます。

「また話したい」と思わせる魅力こそが人気の秘訣。美人が一番の売れっ子とは限らず、人気ナンバーワンは気配り上手のホステスが多いようです。その理由は美人で若いホステスは一人で話して隣以外のお客さんを無視するため、場がしらけてしまいやすいのです。それに対して座持ちのいい人気のホステスは、のけものを出さないよう気配りしながらしきり、酒席を盛り上げます。

女性は口説き文句で相手を好きになるわけではなく、雑談に夢中になって「え、もうこんな時間!」と何にを話したか覚えていないほどの時間を共有した相手に好感を持つものです。恋愛上手になるなら、話題の引き出しが多くて、相手の話しやすい雰囲気を作れる人を目指しましょう。相手を包み込む雑談力こそ、モテる秘訣。

仕入れた情報は、「人から聞いた自分の雑談ネタ」としてストックしておくのがおすすめです。タクシー運転手との会話は、貴重な「伝聞雑談ネタ」になります。

複数の人の中に入って、タイミングがわからない、自分が話に加わることで場の雰囲気を壊してしまうのではないかなど、余計な心配をしてしまうことなどが考えられます。これを克服するのは簡単ではありませんが、まずは何も考えずに話すことが重要です。

迷惑じゃないかいか、変なふうに見られないか、完璧じゃないとダメかなどと相手の目を気にしすぎる「怖がる気持ち」が、雑談を邪魔する最大の壁。

愚痴と自慢話しは雑談での難題2大テーマ。このうち、マイナス思考で愚痴る相手には共感と寄り添いでじっくり話を聞き、ネガティブな言葉をとことん吐き出させてあげましょう。気分もスッキリしたところで楽しい話題で話をずらしていくのもおすすめ。

「あの人にはこの話題!」と人ごとの得意分野を覚えておく。相手が好きな趣味や得意分野を覚えておくとネタになる。

「早速ですが」「ところで〇〇の件ですが」という、話の転換をするフレーズは相手を緊張させてしまう可能せがあるので避けましょう。

本当の質問上手は、相手の懐に飛び込む勇気も必要。

聞きづらい質問をするときは「大変聞きにくい質問ですが」と丁寧に前置きして、まっすぐな態度で誠実にいくこと。それがカギです。

またダイソーの100均シリーズです。こういうの計算しないで普通にできる人ってモテるんでしょうね。本を読んでもこんなことなかなか言えないですねー。

「黒い心理術」

戦国の乱世において、低い身分にも関わらず出世をし、最終的には天下統一まで果たしたのが豊臣秀吉です。秀吉は「人たらし」と呼ばれた達人でした。現代でも秀吉に通じる「人たらし」は少なくなりません。あなたの周囲にも「なぜか人に好かれ、ビジネスや恋愛でも勝者になっている」タイプの人がいるかもしれません。

「こんな簡単なことで人を動かすことができるのか」と感じる人もいるでしょうが、積極的に試して欲しいと思います。

「一度決めた態度を崩したくない」という心理に相手を追い込み誘導する。例えば、「割るけど、1000円貸してれない?」と頼まれ、一旦応じたら、「あ、ごめん。やっぱり3000円借りてもいいかな?」と金額をあげられても、たいていの人は「それならダメ」とは言いにくいものです。

何かをもらった人は、お返しをしないと不快に思う。

「人は好意を持っている人の頼みは断りにくい」「好きな女性の前で恥をかきたくない」という心理が動き、無理して買ってしまう被害者も多いのです。

相手に好意を抱かせるには、まず話を聞くこと。人は自分の自尊心を満たしてくれる相手を好きになる。「人間は、愛している時と憎んでいる時では、同じ一つのものが同じには見えず、全く違うものに見える」つまり全く同じことを言われたとしても、好意を抱いている人から言われるのと、敬意を持っている人から言われるのでは、全く印象が異なるということです。

人は自分に興味を持ってくれる人を好きになる。

赤い服の心理効果で、相手に「やる気」をアピールできる。赤い服を着た人の心理を読んで、刺激しないようにする。

自分を強く見せたり、神秘性を高めたりしたい時には、黒を身につける。黒を好む人には、理解者であることをアピールして懐に入る。

まばたきが多いと信用度が下がるので、我慢する訓練を。プレゼンや商談の場では、目を見開くように意識する。

女性に体を触られると男性はつい好感を持ってしまう。

相手の右側に位置すれば、安心感を与え、かつ優位に立てる。荷物を持っている相手には荷物を持っていない側から近く。

ジェスチャーを交えて話すことで、相手を引きつける。ジェスチャーで自分自身の気持ちもほぐれ、声にもハリが出てくる。

「あなたは現実主義者に見えるけど、以外にロマンチストだよね」と言われたら、相手は「もしかしたら、そうかもしれない」と思います。どんな現実主義者であっても、ロマンチストのかけらくらいはあるもので、こう言われたら誰でも悪い気はしないのが普通です。

「ごめんごめん、君って、本当はすごく純粋な人だよね」これもバーナム効果を狙ったフレーズです。どんな人にも純粋な一面があるものだし、特に女性は自分のことを「純粋」と言われたら否定はしないでしょう。普段は無愛想な人にこの言葉をかけると効果大です。「この人は私のことを深く見ていてくれる」と感じて、あなたに交換を持つはずです。

八方美人をやめて。「いい人だと思われたい」という心理につけ込まれると危険。「うまい話」を持ってくる人は悪人だと判断する。本当に親切な人なら、金品などの見返りを求めない。よく知らない人からの高額な贈り物は断るのが鉄則。

おかしいと感じても、周囲の人につい同調してしまうのは危険。「他人と異なる行動をすることを恐れない」こと。さらに「疑ってかかる」癖をつけること。「私は人と違う価値観を持っているから」などと言い返しましょう。不自然な大金を要求されたら、詐欺だと疑う。

http://www.daiso-syuppan.com/product/product01new-31.html



↑このページのトップヘ