100均シリーズは、よくまとまってますね。100均シリーズの本を書いている人って、いろんな本を読んでまとめてる感じです。

「平常心」
世界的に見ても、日本人は特に自分に自信がないようです。謙虚さは美徳とされていますが、何事にも限度というものがあります。自分に対しての評価が低い人は、いざという時に行動できなくなってしまうのです。

たとえ批判されたからと言って、それがあなたの周囲にいる全員の意見ではありません。惑わされる必要はないのです。

物欲というものは、満たそうと思ってものを買い求めるたびに、無限なく膨れ上がって行くものです。特に他の人と比べて始めてしまうと、この傾向はどんどん加速していきます。「あの人は、私よりも高価なバックを持っている」「あの人は、ちょっといいランチを毎日食べている」なんて些細なことで、悔しがったり、苛立ったりしている。高いもの、たくさんのものを持っているからといって、それが立派な人である証明にはなりません。ものの価値に囚われている人は、どれだけものに囲まれても幸せになり得ません。

眠りにはストレスを解消する作用があります。睡眠の質が悪いと、体に溜まったストレスがなかなか抜けず、不安や憂鬱、諦めの感情が起こりやすくなってしまうのです。
人間は、真っ暗よりも少し明るい場所の方がゆっくり眠れるのです。夜眠る時は、カーテンからわずかに外のあかりが入ってくるくらいがちょうどいいでしょう。音についても同じ、完全な無音よりもわずかな物音があった方が、ゆっくりと眠れます。アイマスクや耳栓を普段から使うのは、お勧めできません。

時には断る勇気も大切。あなたに余裕がない時は、頼まれごとの安請け合いをするのは危険です。

世界中の人のうち、ほんの数名から嫌われたところで、大きな影響はありません。

あなたが「ついていない」と感じるのは、勝手な思い込みの結果です。「何かが手に入らないから不幸」と考えるのをやめてしまいましょう。

辛さを味わった人は、人の心がどれだけ繊細で、傷つきやすいのかを理解しています。

苦労や困難に合わなくても、人は幸せになっていいはずです。

新しいことを初めてみよう。失敗の中に、何か光るものが見つかるかもしれません。未経験だけど、スポーツやダンスを初めて見たいなど。他人からどう見られようと、あなたに実害は及ばないのですから。