学生時代に情熱をもってやってたことがある人は多いかもしれませんが、社会人になってから、情熱をもってやっていることありますかね?

「無駄に生きるな熱く死ね」

自分は一体何に対して、情熱をもてるのだろうか。その答えは直観だけが知っている。一生懸命考えたり、他人の基準に照らし合わせて見つけるものじゃない。信じるべきは、自分のアンテナだけ。心が動くものには、片っぱしから手を出す。何も考えずに挑戦し、参加する。情熱を持てるかどうかは、とにかくやってみないことには絶対にわからない。いろいろ試してみれば、いつか偶然の出会いがある。偶然の確率を上げるには数をこなすのが一番だ。直観を次々に試していくことで、自分の心に「どう動くのか?」「なぜ動くのか?」 という問題意識が芽生えるようになる。同時に、直観の精度もどんどん上がっていくだろう。やるか、やらないか。人生は二者択一だ。選択はどっちでもいい。選択した後どう動くかが、その選択の価値を決める。それで本当によかったどうかは、すべて自分の主観になる。どちらを選んでも、その気になれば全部正解だ。あなたは何歳までに何をしたいか?

無駄に生きるな熱く死ね (Sanctuary books)