知は権力?!

人生の幅を広げるには、人と会うこと。旅をすること。本を読むこと。

カテゴリ: 自己啓発

今日は、ダイレクト出版さんから頂いた本の概要ですが、新卒や転職をなどを悩まらている方はぜひ読んで見てください。ダイレクト出版さんの就職説明会などに参加するか、お伺いして本をお借りしないといけないとは思います。ちなみに中古本やメルカリで売られているのを見ましたね。私はこの本を頂いて、また読みかえせるほど良い内容だったので売らないですよー。

「DIRECT PUBLISHING CLUTURE BOOK 20代の仕事の選び方 社会の歯車にならない方法」

世間体を気にしすぎる人は、基本的には自分の人生を生きることができない。同期に張り合って就職先を決めても、ロクなことにはならない。人の目を気にして生きることは、自分を見失うことだ。

強みを見つける一つのヒントとして、僕が後輩なんかによくいうのは、「疲れないこと」をやれってこと。あなたはこれからいろんな仕事を体験すると思うけれど、その中で疲労感が襲ってこないで、心地よい疲れがあるものは、もしかしたらあなたの強みが活きている仕事かもしれない。 

自分の才能を知ってそれを伸ばすには、「疲れない仕事」を見つけて、できるだけ早い段階から時間を「積み上げる」こと。だから、社会に出てから最初の4、5年はとっても重要なのだ。

完璧な選択はできない。20代は仕事や社会に関しては完全な知識不足、経験不足だ。だからこそ、完全な選択なんてできるわけがない。一生懸命やって「違う」と思うなら、キャリアを変えたほうがいいだろう。しかし、それは一生懸命やってみないと見えないものだ。最初っから最高に楽しくエキサイティングな仕事なんて、この世にはない。どんな仕事にも面白い面と退屈な面がある。

やりたいことが見つからなくて当然。そんなもんは簡単には見つからないからだ。NPOやボランティア組織の多くは、素晴らしいビジョンを掲げているが、実行能力が乏しいので、大きな成果をあげられないでいる。あたなにとって大切なことは、最初に実行能力を身につけておくこと。

給与や年収、待遇などの条件は、あくまであなたの基本的欲求の一つであって、それだけを見ていると後悔することになる。

理屈で考えればわかるでしょ?会社や業界が成長していないのに、そこに新卒の新しい人がどんどん入ってきたら、その中でどんなことになるかは。。。

完璧な仕事なんてない。自分に100%ぴったりあっているものもないだろう。世の中にある”ありとあらゆる選択肢”の中から、自分に一番最適なものを選びたいなんて幻想は、捨てたほうがいい。世の中にある”ありとあらゆる選択肢”を見て行ったら、それだけで人生が終わってしまう。大切なのは、最高の選択肢を選ぶことじゃなく、選んだ選択肢を最高にすることなんだ。

20代の経験が人生の明暗を分ける。言われたことしかできない人間ほど、市場価値が低いものはない。一方で、20代のうちから自分の頭で考えて、プロジェクトを回してきた人間は、その部分の「筋力」が鍛えられているので、30代になったら、それを活かしてより仕事ができる。この20代の時の仕事が、30代、40代になってもずっと影響して残る。これは結構、恐ろしい話じゃないか。

最近では、「老後破産」なんて言葉も聞くようになった。結局のところ、自分の人生の責任は自分で取らなければいけない。

会議は「タイムアウト」である。タイムアウトの時間が長ければ、当然、試合に負ける。タイムアウトはある種、休憩にもなっている。必要だが増やしてはいけない。必要悪みたいなもんだ。つまり、参加はを減らす、回数を減らす、時間を減らす、これを常に考えなければならない。会議をしていると、仕事をした気分になってしまうが、それは大間違いの大間違い。

戦略についてじっくり考えるより、そのぶん、体を動かせ。戦略は大まかな方向性を与えるものである。

よくないのは、「すぐに反応する」ような行動。例えば、メールが来たら即返信。チャットが来たら即返信。こう行った行為は、もしかすると他の会社、他の業態では、推奨されているのかもしれない。しかしうちの場合は全く逆。すぐに返事が来たようものなら、「こいつ仕事してんのかな?」「ずっとチャットの前に張り付いてんのかな?」と思われて、ぶっちゃけその人に対する評価が下がる。けれど一定の時間には必ず連絡がついたり、コミュニケーションができるような人は評価される。自分で言うのもなんだが、普通、社長が何か聞いたらすぐ答えるだろっと思いがちだが、この「普通」こそが間違い。返事が欲しい側からしたらイライラするが、それはその人が自分のモヤモヤを今すぐ解決したいと言う自己中な思考のもとのイライラだ。

アメリカ人の80%は生まれた場所から50キロ以内で一生過ごす。アメリカ人は一生のうち6ヶ月を信号を待って過ごす。オーディオ学習をオススメする。
ダイレクト出版


ランキング参加しています。応援クリックいただけますと、更新の励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


書評・レビュー ブログランキングへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。


またまたですが、100均シリーズの自己啓発本です。人生、お金、仕事、恋愛、子育て、などで悩み事がある人は読んでみては良いかと思います。

「夢を叶えるためにすべきこと」

恋に恋していると気づいたら一度冷静に。本当に辛く苦しいと感じる場合は、本当に相手のことが好きなのかどうか、一度冷静になって再確認してみるべきです。そこで、ちょっとでも違うなと思ったらスッパリと諦めるのも選択肢の一つと言えるでしょう。こうした判断ミスをしがちなのが、恋に恋しているケース。年頃で恋人がいないと肩身がせまいため、恋人を選ぶ際に「誰もが羨む人だから」「周囲への優越感を得たいから」などの見栄っ張りな理由でパートナーを選んでしまうと、付き合ってもうまくいかないことが多くなります。

恋愛に失敗しないためには、条件より波長を重視。恋愛、結婚がうまくいかないのは条件を優先させるから。世の中には、いい男、いい女なのになぜか恋愛運や結婚運が悪く、せっかく付き合い始めてもすぐ別れたり、結婚しても程なく離婚したりといったことを繰り返す人たちが少なからずいます。そんな恋愛や結婚に恵まれないタイプに共通する特徴が、お互いの波長が合うかどうかよりも「背の高さ」「年収の多さや会社、肩書き」「ルックスの良さ」など、誰にでもわかりやすい条件を重視してパートナーを選ぶ傾向がある点でしょう。

相性ドンピシャの運命の人を探し出すのは至難の技。

パートナーの浮気に悩んでいる。「相手が悪で、自分は被害者」と考えても何も生まれない。「不倫は文化だ!」といった芸能人もいますが、世間一般の常識から考えると「浮気は悪いこと」でパートナーへの「裏切り」とされます。だからこそ、夫(妻)に浮気された妻(夫)は「自分はかわいそうな被害者」という被害者意識を強く持つものです。しかし、こうした状況を単なる善悪や加害者、被害者の関係で捉えるばかりでは、幸せはやってきません。浮気を乗り越えてそのパートナーと一緒にやっていきたいのか?あるいは浮気した彼(彼女)から離れる決心をするか?どちらが幸せかの選択に向き合うことです。なぜこうなったかではなく、これからどうしたいのか。「子供がいるから離婚できない」などのように子供を理由にせず、本心でどうしたいかに向き合ってください。その際に、「夫(妻)」の浮気をやめさせたいと思うかもしれませんが、他人は変えられません。「私に注いでくれる愛は以前と変わりない」と思えるならやり直し、浮気をした相手を受け入れられないなら、別れるのがベストです。幸せな方を選ぶ思考が、望む未来を引き寄せるのですから。

相手を変えようとせず、自分が変わるようにすること。

素直な子を育てる秘訣。「スキンシップを大切にする」と「子供を支配しない」という2つのポイントです。

子育てに正論なし!自分なりの方法をポジティブに。子育て本を参考にするにしても、必要以上に他人と比べる必要はなく、各々の家庭の事情に当てはめてアレンジし、自分なりの方法を見つけていくのがいいでしょう。

未来日記という望む未来を先取りして書いていく。ポジティブで未来予想上手な有名人たち。「根拠のない自信」出会っても、将来の成功を信じてポジティブ思考をキープし、成功した有名人は多いものです。女優の中谷美紀さんは毎日5分の瞑想を日課にしており、「自分の願いがかなった瞬間っていうのをイメージすると、笑っちゃうくらい見事に願いが叶うんですと」発言しています。漫画家の尾田栄一郎さんは、大学を中退し、漫画家を目指していた頃から周囲に自分のサインを配っていたとか。音楽界では、無名時代からすでに「私は大スター」と思って街を歩いていたのがレディーガガ、高校時代、周囲の友達が「将来はGoogleで働きたい」という中、「自分は検索される側になる」と考えていたというエピソードも有名です。「大丈夫、成功する」と信じ、でっかい夢を持つことが大事

明るい性格は財産よりも尊い。

あなたの夢を達成した人たちの輪に飛び込むこと。「あたかも夢を実現したのも同然」な気分を味わえるのはもちろん、目標達成に必要な情報に随時接したり、アドバイスを受け取ることができたりするので、夢の実現や目標達成に役立つことはいうまでもありません。

まだ夢を叶えていない人と会話する際は要注意です。

なんども口に出し、公言する。不言実行よりも、「有言実行」が夢をたぐり寄せる。

何にか嫌なことが起こっても、あとで振り返ると「あ、あれで良かったんだ」と思えることって多いものです。ですから、「今起きていることは全て正しいことで、自分の思いが望み招いたもの」と大きな視点で捉え直すと、、未来はいい方向に進むものです。凹んだ時も「全てはうまくいっている」と無理にでもつぶやいてみると、不思議と逆境をバネに変えられるのです。

青年よ、成功するなら”奥ゆかしさ”よりビッグマウスだ!

頑張りすぎは、美徳とは限らない。無理せず楽しんで夢中になろう。余裕のない必死さと楽しんで夢中になるは違います。

お金儲けをしたいなら「どうして」を考える。

毎日おしゃれを楽しむ方が、ずっとハリのある気持ちがキープできる

病気や太っていることばかりにとらわれない。美味しいものを食べる時は太ることは気にせず、食べ物に感謝しながら幸せな気分で食べるよう心がけましょう。

あなたは、よく空を見上げていますか?小さなことにくよくよしているのがバカバカしくなり、明るく前向きになってスッキリするものです。

トイレ掃除をするとお金持ちになれるとか、成功できるかと言われます。イエローハットの創業者、ビートたけしさんや和田アキ子さん、タモリさんなど成功者がトイレ掃除で陰徳を積んで来た意外性が、反響を呼んだからです。トイレを綺麗にすることで、謙虚になれる、気づける、感動できる、感謝の心が芽生える、自分の心が磨けるなどの効用がある。

冷蔵庫の中を片付けてみる。

はいってみたかったお店に入る。いくつになっても、好奇心を持って行動しよう。 「あー面白かった」と言える人生を歩みたいものです。今いる場所から、少し世界を広げよう。知らない人、こと、ものと出会うからこそ、人生は面白いのです。

ダイソーの100均本シリーズです。短い言葉でも人生を変えることはよくありますね。

「いい言葉は人生を変える」

世の中には「名言」と呼ばれる言葉があります。名言とは、とりわけパワーのある言葉。人の人の心に強い影響を与える「いい言葉」です。偉人や有名人の「いい言葉」に、どれだけ多くの人が感動し、影響されたことでしょう。そして本や映画の中にも、私たちを元気にしてくれる「いい言葉」があります。

短い人生の中でもっとも楽しいことは、自分の心の波長と合う人との出会いです。
気の合う友達は、一生の宝ものになる。

大切な人の幸せを考えることが幸せ。一生の間に一人の人間でも幸福にすることができれば自分の幸福なのだ。

行動は必ずしも幸福をもたらさないかもしれないが、行動のないところに、幸福は、生まれない。人生は「行動」によって今後が左右される。

「出会い」を大切にしよう。人の世の幸不幸は人と人とが逢うことから始まる。良き出会いを。

「知らないこと」があることに気づく。自分の無知を知らないものは、無知よりさらに劣る。

PKを外すことができるのは、PKをける勇気を持った者だけだ。

自分が最初の一人になれば、誰かが付いてきてくれる。

不幸を治す薬は、ただもう希望より他にない。苦しい時こそ希望を持つ。

人生は作る者だ。必然の姿などというものはない。マンネリを打開するのは自分自身。

偽らず、飾らずに人に接すれば、交際術のようなものを使わなくても、心は必ず相手に通じる。

人間は、それぞれ考え方や、ものの見方が違うのが当然である。その違いを認め合い、受け入れられる広い心を持つことが大切である。「価値観の違い」「考え方の違い」「性格の不一致」などという言葉を聞きますが、そもそも自分と同じ人間は存在しないのです。

不幸を知っているからこそ、幸福の重みがわかる。

明日を楽しみにする気持ちは幸せへの近道。寝床につくときに、翌朝起きることを楽しみにしている人は幸福である。「次に何が起こるかわからない」部分をワクワクしながら想像する。

自分の人生はいい人生にだったと言えたら最高ですね。

「夢を叶える夢を見た」

ある仕事をしていて、恥ずかしくない、費やす労力と時間を無駄だと思わない、金にならなくてもやる、ということがあれば、その仕事はその人にとって「本職」なんです。

夢を持とうな。夢のない人生なんて死んでいるのと同じだよ。生まれてきたからには、何かをしなければならない。それも早いうちに。

ボクシングの深さを感じる。「ひとつも打たれていないけど、勝てない」という人間はどこの世界にもいる。殴り合いに挑む度胸のない者は、王者になれない。

死の床でもっと仕事をすればよかったと言った人はいない

揺れる要素のひとつに、「このままではいけないし、人生を変えたい。でも、私は何がやりたいのかわからない。何が夢なのかわからない」というのがある。

モチベーションが社長が喜ぶか喜ばないかになっちゃんですよ。悲しいなと思って。

人間は死に向かって行進している。それをごまかすために、仕事とか家族とか恋愛とか、色んなことをするんだと思う。

成功しようがしまいが、死ぬ間際に「いい人生だったな」って思って死ねるか死ねないか。それでしょう。

最低限いえるのは、自分で考えて決断すれば、失敗しても後悔はしないということ。会社に骨を埋めるつもりで働いていて、「明日から来なくていいよ」といわれるよりはいいでしょう。

「飛ばなきゃよかった。失うものが多すぎた」と思う人たちは必ずいる。サラリーマンは、何もしなくても給料がきちんと払ってくれる環境というのはすごかった。自分は「会社に行って、息だけ吸って帰ってくる」と言うレベルであると思っていた。「生きているのか死んでいるのかわからない」と思っていた。が、死んでいるような私にさえ、会社はきちんと給料を保証し、ボーナスまで払ってくれた。逆に考えれば、精神的充足を趣味など他のことで叶えられる人は、何も無理して会社を辞める必要はないということだ。

飛べばよかったと後悔する人もいる。「たった一度の人生を、生かしきれなかった」人生を無駄にしたという後悔の激しさは、ある意味では、「落ちるところまで落ちた」に等しい。「本当にやりたいことをやらないと後悔するわよ、一生。一生、後悔する。」「後悔ばかりの平和な人生より、ずっと生きている実感がわくんじゃないかしらね。私、人生を失敗したと思ってる」

飛ぶにせよ飛ばないにせよ、最後に迎えるのは死ということがすべての価値観。死ぬ時に「いい人生だった」とおもれば、それはプロセスの完結を成功で迎えたことですよ。他人から見た時に、小さな人生だったとか、貧しい人生だったとか言われようが、成功した人生だったんです。自分が幸せだと思って死ねれば。それがすべてですよ。すべて。


ランキング参加しています。応援クリックいただけますと、更新の励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


書評・レビュー ブログランキングへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。


成功するための運は、コントロールできなくても向上させることはできますね。成功する環境に身をおくことが重要だなと思います。ゴールではなくシステムを作る。他の本にもマラソンで痩せることをゴールとすると続かず、毎朝起きてからすぐに暖かい服を着て、外に出やすい環境を作るのが続けるコツだと書いてある本もありました。ゴールのためにシステムを作った筆者の成功例なども書かれているので、洋書ですが面白い本でした。

「how to fail at almost everything and still win big」


Was my eventual success primarily a result of talent, luck, hard work, or an accidental just-right balance of each? All I know for sure is that I pursued a conscious strategy of managing my opportunities in a way that would make it easier for luck to find me.


Luck can be managed, sort of.


A smart friend can save you loads of timeand effort. Many of you have a smart friend or two already, and you are lucky to have them. But my observation is that a startling percentage of the adult population literally has no smart friends to help them in their quest for success and happiness.


My hypothesis is that passionate people are more likely to take big risks in the pursuit of unlikely goals, and so you would expect to see more failures and more huge successes among the passionate. Passionate people who fail don’t get a chance to offer their advice to the rest of us. But successful passionate people are writing books and answering interview questions about their secrets for success every day.


forget about passion when you’re planning your path to success.


If success were easy, everyone would do it. It takes effort. That fact works to your advantage
because it keeps lazy people out of the game.


If you know some extra successful people, ask some probing questions about how

they got where they did. I think you’ll find a system at the bottom of it all, and usually some

extraordinary luck.


Whatever your plan, focus is always important.


Successful people don’t wish for success; they decide to pursue it. And to pursue it

effectively, they need a system.


1. Selfish 2. Stupid 3. Burden on others That’s the entire list. Your best option is to be selfish, because being stupid or a burden on society won’t help anyone.


We humans want many things: good health, financial freedom, accomplishment, a great social life, love, sex, recreation, travel, family, career, and more. The problem with all of this wanting is that the time you spend chasing one of those desires is time you can’t spend chasing any of the others.


Every second you look at a messy room and think about fixing it is a distraction from your more important thoughts. Cleaning and organizing your space is boring work, and you might never see it as a priority. One trick I’ve learned is that I automatically generate enthusiasm about tidying up if I know someone is stopping by. That’s why it’s a good idea to invite people over on a regular basis. It will inspire you to keep your space straightened up, and that might in turn cause your mind to have a bit more energy.


Another benefit of having a big, world-changing project is that you almost always end up learning something valuable in the process of failing.Let’s say you wake up tomorrow full of energy for your exciting new project. Over the course of the day you learn a few things in the process of doing your research, and you meet some new people along the way. If you accomplish that and nothing more, you’re succeeding, no matter what happens with your project.


Consider the biographies of Bill Gates and Steve Jobs. As young men, both took legal risks in the field of technology. Bill Gates famously found ways to hone his technical skills by stealing time on a mainframe.2 Jobs and Wozniak’s first product involved technology that allowed people to steal longdistance phone calls. Where there is a tolerance for risk, there is often talent.


If the first commercial version of your work excites no one to action, it’s time to move on to
something different. Don’t be fooled by the opinions of friends and family. They’re all liars.
If your work inspires some excitement and some action from customers, get ready to chew through some walls. You might have something worth fighting for.


You can manipulate your odds of success by how you choose to fill out the variables in the
formula.


That will be easier if you understand how important psychology is to everything you want to accomplish in life. On a scale of one to ten, the importance of understanding psychology is a solid ten.


There’s one more pattern I see in successful people: They treat success as a learnable skill. That means they figure out what they need and they go and get it.


People who enjoy humor are simply more attractive than people who don’t. It’s human nature to want to spend time with people who can appreciate a good laugh or, better yet, cause one.


If your gut feeling (intuition) disagrees with the experts, take that seriously. You might be

experiencing some pattern recognition that you can’t yet verbalize.


Eat right. Exercise. Get enough sleep. Imagine an incredible future (even if you don’t believe it). Work toward a flexible schedule. Do things you can steadily improve at. Help others (if you’ve already helped yourself). Reduce daily decisions to routine. If you do those eight things, the rest of what you need to stimulate the chemistry of happiness in your brain will be a lot easier to find.


Any doctor or nutrition expert will tell you that eating a balanced diet will get you all the vitamins and minerals you need. That opinion is nearly 100 percent accepted by all smart people. The problem is that it’s mathematically impossible. You can prove that to yourself by Googling the nutritional information for everything you eat on any given day in which you’re sure you did a good job with both your food variety and healthy choices. I’ve done this experiment and found that you can’t get anywhere near the U.S. government’s daily recommended intake levels of vitamins and minerals. You would have to eat a wheelbarrow full of food to come close.


Further complicating nutrition science is the inconvenient fact that no two humans are alike. Does a 120-pound vegetarian woman who is trying to get pregnant need the same vitamins and minerals as an obese coal miner with gout? No two people have exactly the same lifestyle, health, and genetics. I find that most people who have poor diets believe healthy food has bland or unpleasant flavor.


You wouldn’t buy a book if it didn’t have the potential to change you in some way, even if that

change is just entertainment or an increase in your knowledge. Books change us automatically, just as any experience does. And if a book helps you see the world in a more useful way or amps up your energy level, it becomes part of the fabric of your personal luck.


Most important, understand that goals are for losers and systems are for winners. People who seem to have good luck are often the people who have a system that allows luck to find them.



How to Fail at Almost Everything and Still Win Big: Kind of the Story of My Life

↑このページのトップヘ