知は権力?!

人生の幅を広げるには、人と会うこと。旅をすること。本を読むこと。

カテゴリ: 生活


「スペシャル 欲望の資本主義2018〜闇の力が目覚める時」

資本主義の原理。創造するためには破壊し続けなければならない。

デジタルのテクノロジーは発展しているのに、先進国の経済は停滞している。

テクノロジー革命はまだ始まったばかり、十年後に結果が出るというが、貧困格差が広がっている。

賃金体系のトップにいる一握りの人たちが圧倒的な恩恵を受けている。新しいテクノロジーは、強者をさらに強者にする。

サービス業、銀行、保険会社、役所に勤める人々。これらは50−60年代に生まれた仕事だが、彼ら中流層は新しいテクノロジーの恩恵を受けていない。それどころかテクノロジーは彼らの仕事を時代遅れにし職を奪っている。かろうじて生き残れるのは飲食業など比較的賃金の低い仕事だけだ。ロボットやソフトウェアで簡単に置き換えられないからね。

至る所で新しいテクノロジーが盛況だからと行って、経済成長に結びつくわけではない。

農業をする人がいなくなり、自分の能力を発揮できる仕事がなくなる。

お金を増やすことが目的の資本主義。

人々の賃金がある時から止まった。日本のバブル崩壊後、実質賃金が増えていない。過剰生産と、売上の落ち込みが至る所で起きていて、せっかく向上した生産性を生かしきれない状態が続いている。

そのため、金融市場での投機が盛んになっている。世界中で賃金が頭打ちになっている。資本主義にとってとても危険な状態。

人々の失業に対する恐怖が高まったことで、仕事の確保を優先し賃金には目をつむる文化が形成されてしまった。これは社会全体にとって恐ろしく危険なこと。生産性と連動して賃金の上昇を実現しなければだめ。

会社が労働者に良い賃金を与えたら、他の企業に負けて、破産してしまう。良い給料を労働者に与えることは、良いビジネスマンではない。

どんな組織もどんなシステムも時間を得て自信を維持するためには、他のシステムを排除しなければならない。

「私を助けてくれないのに、なぜ他の人を助けなければならないのか」となり、悪が生まれる。

人間の抱える問題は「増えること」「食べること」に行き着く

成功者でいるためには何かを達成するだけでなく、絶えず成功し続け、自らを維持する必要がある。

創造的破壊を繰り返す。創るために「破壊」すること。破壊に注目しなければならない。人々はこれをずっと繰り返し、強迫観念のように私たちを駆り立ててきた。

資本主義はその成功ゆえに自壊する。

あなたはお金を使っているつもりでお金に使われているんだ。

もっとお金を増やそうとするのは、不確実な未来への備え。持つお金が多ければ多いほど安心する。人は過剰に安心を求める。

もしお金もいらない、携帯電話もいらない、実際にドイツの美しい森の中に入って、じゃがいもを育てて、生活をする人を止める人はない。それどころか、人々は私たちに興味を持って「頑張れ!」と応援してくれるはずだ。でもその逆は絶対に機能しない。共産主義は、資本主義的実験を許さない。

インターネットが何を生み出しているのか。サーチエンジン、フェイスブック、人々は楽しんでいる。生活の質に影響を与えているが、統計には反映されていない。電気やDNAに比べてどれほど重要なのかという点について、経済学者の間で議論が耐えない。イノベーションを産む側にとっては皆の暮らしに影響を与えることは、喜びだろうし、それは当然だ。しかし、他人に24時間追い立てられることはそれほど幸せななことかな?

個人が流れを変えることができない、資本主義の構造の力。

「芸術家のような人生にしてはいけない。なぜなら芸術家は不幸だからだ」「芸術家はいつも創造性の欠如への恐怖にさらされている」と語っている。今の新しいテクノロジーの世界では常にそうした緊張感がある。いつも「自分が得意なことは何か」と自分自身に問いかけなくてはならない。それがストレスと緊張を生むため今の社会では燃え尽きてしまう人が大勢いる。人は能力を最大限使うことを求められる。

人には働かないことに対する「恐れ」がある。働かないことは「余暇」ではなく「失業」と捉えられる。

ベーシックインカムの実験で、社会保障費は下がり、犯罪は減少、子供の成績は上がり人は労働をやめなかった。だけと駄た一つ離婚率は50%ほど上昇した。すると「共和党」など保守派は皆「ベーシックインカムは採用しない」と決めた。女性がより独立してしまったら男性は良い結婚生活を送れなくなる。ダメだとね。こうしてベーシックインカムの導入が忘れられた。しかし、十年後に統計データーを調べたら、離婚率は上昇してなかった。

結局、自由に使える時間こそが富だ。まさに有限の貨幣だからね。「自由な時間」ほど豊かに感じるものはない。それこそ、自由な人間だ。

資本主義が崩壊するのが先か、私たちが資本主義から抜け出る道を見つけるのが先か。どちらかね。人間世界の滅亡はいつか本当にやってくるだろう。

この世界はどうにか機能しているが、詳でもそれがなぜ機能しているかは疑問だ。ペンを落としたら落ちるなどの物理も同じだ。現象の細部まで全てを説明できる完璧な理論はない。資本主義はある程度までは機能するが、完璧ではないということにいつも注意を払うべきだ。現在の世界について確実なことは誰にもわからないのだ。

スペシャル 欲望の資本主義2018〜闇の力が目覚める時 Part1

有名な「モモ」の物語読んで見ました。物語なので要約かけませんが、1分1秒をと仕事に追われて残業しているビジネスマンに読んでほしい物語ですねー。これ読むと、生きるために不必要な物への無駄遣いや、子供のおもちゃなどにもお金をかけたくなりますねー。モモの物語の本と一緒に「エンデの遺言」も読むといいと思います。エンデの遺言で、お金のシステムなどモモの物語を使って説明されてます。

「モモ」

人々は「良い暮らし」のためと信じて必死で時間を倹約し、追い立てられうようにせかせかと生きています。子供達まで遊びをうばわれ、「将来のためになる」勉強を強制されます。この病気の原因に気づいて警告しようとする人は、ベッポのように狂人として精神病院に隔離されるでしょう。夢に生きているジジは、この世界では巨大な情報産業に踊らされる操り人形のような作家になります。こうして人々は時間をうばわれることによって、本当の意味での「生きること」をうばわれ、心の中は貧しくなり、荒廃してゆきます。それとともに、見せかけの能率の良さと繁栄とは裏腹に、都会の光景は砂漠と化してゆきます。



ランキング参加しています。応援クリックいただけますと、更新の励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


書評・レビュー ブログランキングへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。


また、ダイソー100均シリーズです。人と喋らないと寿命が縮むっていうのはわかる気がしますねー。

「今すぐ身につく雑談力」

たかが雑談、されど雑談。雑談上手になると、あなたの人生が「幸せ色」に変わる。人間関係は、雑談によって作られるといっても過言ではありません。

おしゃべりと男女の寿命の深い関係。「年齢と性別を超えて、人間関係の絆が強い方が一貫して死亡率が低い」と示唆しています。人間関係はおしゃべりや雑談で作られるとの考え方が定着してきています。おしゃべりで雑談でコミュニケーションを活性化させて豊かな人間関係を築き、絆を強めた方が人間の寿命は延びる可能性があるのではないか。

「女性が長寿なのはおしゃべりのおかげではないか」との推論もある。

「経営者の仕事は雑談と決断の二つだけ」とも言われます。

「また話したい」と思わせる魅力こそが人気の秘訣。美人が一番の売れっ子とは限らず、人気ナンバーワンは気配り上手のホステスが多いようです。その理由は美人で若いホステスは一人で話して隣以外のお客さんを無視するため、場がしらけてしまいやすいのです。それに対して座持ちのいい人気のホステスは、のけものを出さないよう気配りしながらしきり、酒席を盛り上げます。

女性は口説き文句で相手を好きになるわけではなく、雑談に夢中になって「え、もうこんな時間!」と何にを話したか覚えていないほどの時間を共有した相手に好感を持つものです。恋愛上手になるなら、話題の引き出しが多くて、相手の話しやすい雰囲気を作れる人を目指しましょう。相手を包み込む雑談力こそ、モテる秘訣。

仕入れた情報は、「人から聞いた自分の雑談ネタ」としてストックしておくのがおすすめです。タクシー運転手との会話は、貴重な「伝聞雑談ネタ」になります。

複数の人の中に入って、タイミングがわからない、自分が話に加わることで場の雰囲気を壊してしまうのではないかなど、余計な心配をしてしまうことなどが考えられます。これを克服するのは簡単ではありませんが、まずは何も考えずに話すことが重要です。

迷惑じゃないかいか、変なふうに見られないか、完璧じゃないとダメかなどと相手の目を気にしすぎる「怖がる気持ち」が、雑談を邪魔する最大の壁。

愚痴と自慢話しは雑談での難題2大テーマ。このうち、マイナス思考で愚痴る相手には共感と寄り添いでじっくり話を聞き、ネガティブな言葉をとことん吐き出させてあげましょう。気分もスッキリしたところで楽しい話題で話をずらしていくのもおすすめ。

「あの人にはこの話題!」と人ごとの得意分野を覚えておく。相手が好きな趣味や得意分野を覚えておくとネタになる。

「早速ですが」「ところで〇〇の件ですが」という、話の転換をするフレーズは相手を緊張させてしまう可能せがあるので避けましょう。

本当の質問上手は、相手の懐に飛び込む勇気も必要。

聞きづらい質問をするときは「大変聞きにくい質問ですが」と丁寧に前置きして、まっすぐな態度で誠実にいくこと。それがカギです。

現代の働く女性を非常に細かく分析されている本です。気になる方は読まれても面白いと思います。

「上流な私?下流な私?」
「下流な人ほど意欲が低い」その意欲もまた、自分や親の所得、職業、学歴などによってある程度決まるという説もある。階層の高い女性ほど意欲を持って勉強し、仕事をし、結婚もする。低い女性はその逆だというわけである。実際のところどうなのか。

かつては、仕事ができる女性、勉強ができる女性は、ファッションや化粧には関心が弱かった。ところが現代は、かなり関心がある。他方、仕事ができるというほどえもなく、所得も高くないような女性ほど、ファッションや化粧にも関心が弱い傾向が強まってきた。

所得、学歴、職業が三拍子揃うと56%が上流。年収が400万なら上流になりやすい。夫や父親の学歴も影響する。フリーターは6割が下流。

「未婚で低所得」より、「既婚で所得なし」のほうが中流。女性の場合、結婚して所得がなくなっても、夫の稼ぎが良ければ上流になれる。

趣味の延長で働く主婦は上流が多め。

「花のOL」は死後。派遣社員には恋が芽生えにくい。かつてお茶くみコピー取りが仕事と言われたOLの理想とは、ある意味で仕事ができすぎないことであった。だから、仕事でわからなければワカンナーイと言えば良かった。ところが、派遣社員にワカンナーイが許されない。言ったらクビだからである。しかも同じ会社に派遣されている期間は短い。だから恋が芽生えにくい。

未婚で派遣だと安定感がない。

「未婚の正規職員」より「既婚の派遣社員」のほうが上流

30歳未婚派遣社員には希望が足りない。現実にはなかなか一発逆転満塁ホームランのようなうまい話はない。だから、未婚派遣社員は28歳を過ぎるとしだいに人生への希望を失って行く。

専門学卒の女性は「手に職」志向が強く、自立志向が強い。フリーターになりやすく、結果として結婚しにくにのではないかとも言える。

大卒女性は、夫も学歴が高い。女性の結婚前の所得が高いと夫の年収も高い。それは、女性が結婚前の階層意識を結婚後も維持したい、上昇させたいと考えているからだ。

派遣社員はマイペース。フリーターは「楽な仕事がいい」が多い。

なぜ結婚ができなかったかというと、「スカートがはけなかったから」だという。モテる格好をすることができないとも言っていた。よく言えば、恥じらいがある。悪く言えば、面倒くさがりなのである。「モテ系」なんていうファッションをするには、一定の自己啓示欲がないといけないだろう。恥じらいのある女性にはできない。だがしかし、もし下流になるのが嫌ならば、その苦手な自己アピールをするしかないのである。そういう時代なのだ。なぜなら現代は恋愛結婚の時代だからだ。自由競争の時代だからあ。競争だから、アピールがうまいほうが就職しやすいし、結婚しやすいのである。

ヤンキーのねいちゃんでもよく見ると美形はいる。が美形が美形に見えない。はっきりいって損である。下流になりたくなければ、人から評価されるファッションをしたほうが良い。それは仕事でも同じことである。人から評価されてなんぼである。

下流女性は文化好きなオタク。趣味に居場所を求める未婚派遣社員。ボーナスもない派遣社員は、思いきって海外旅行に言ってお金を使うという消費行動がとりにくいからである。それよりも自分の部屋で気持ちよく過ごすことを求めるのではないだろうか。

結婚は経済問題である。ということは雇用問題でもある。

幸福の価値が、結婚からお金に変化しただけのようにも見える。個人が自分なりの幸福を感じられればいいのだということになれば、そのとき幸福の価値は薄まって、多くの人はあまりはっきりとした幸福を感じられなくなるだろうと思う。なぜなら人間は、他人と自分を比べて、それで自分がどの程度幸福か不幸かを判断するからだ。自分と他人の幸福イメージが違えば、その比較ができなくなる。そうすると自分が幸福かどうかもわからなくなり、かえって不安になるのだ。現代の女性が抱えている問題のひとつの本質はそこにあると言える。


ランキング参加しています。応援クリックいただけますと、更新の励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


書評・レビュー ブログランキングへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。

 

アメリカだと職場復帰しても能力があれば仕事について昇進も可能ですが、日本の場合は、女性に能力があっても職場復帰が難しく、職につけても低賃金な仕事しかつけないのはもったいないですね。昔から問題視されていますが、なかなか改善されないのが現状でしょうか。

「育休世代のジレンマ」

一度退職した女性が、子供が成長した後に労働市場に戻ろうとすれば、ほとんどがパートなどの非正規雇用に限られてしまうという現状がある。

「子育ては母親ではなくては」という考え方と「自分自身の生き方をも大切にしたい」という考え方をともにもつことは、現代の母親たちを、ときとして解決の方向が見いだしにくい葛藤状況に追い込んでいるといえるだろう。

「自分の親が大変そうだったので、それ以上の生活」「自分がしてもらった程度の教育を受けさせられる余裕」など、求める生活水準が高く、一定の高収入を世帯として確保することや、自らの経済的自立を確保することを目指していたり、様々な理由で就労継続志向が強い。

マミートラックとは、出産後の女性社員の配属される職域が限定されたり、昇進、昇格にはあまり縁のないキャリアコースに固定されたりすることである。マミートラックの難しさは、「ワーキングマザー自身がマミートラックを望んでいる」と見えることである。子供との時間の確保のために本人が第一線に戻るのをためらう。

夫の転勤で、退職してついていかない。「仕事しながら育てるのが大変だから辞めてついていくっていうのだったら、その先に何があるのかって思う。ゆうても陸続きやし4年って決まってるし」と、夫抜きでの仕事と子育ての両立を決めている。

「可能であったとしても親に頼みたくない」という発言が散見された。娘の自立意識。アジアでは「ふつう」親任せ。

職場も厳しく、夫も育児をしてくれない。

社長夫人より社長を目指す競争。

社会として、復帰後女性がケア責任を抱え込みすぎないよう、夫や第三者に任せられる体制おを整えること



ランキング参加しています。応援クリックいただけますと、更新の励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


書評・レビュー ブログランキングへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。



↑このページのトップヘ