知は権力?!

人生の幅を広げるには、人と会うこと。旅をすること。本を読むこと。

カテゴリ: 哲学

哲学はそもそも学問の一部ではなかったんですね。

「考える力をつける哲学の本」
哲学とは、もともと「生き方そのもの」であり、学問の一部ではなかった。何よりも、実践していくものだった。哲学はここしばらく理論ばかりが強調しすぎて、実際的な側面をあまりに軽視しまっている。哲学とは「生きた知恵」。

「吟味のない人生は生きるに値しない」ソクラテス

「なすこと、なさざることの動機を成果に求めてはならない。」バガバァッド ギーター

「目の前にある仕事に対して、正しい理性に従って、真面目に、意欲的に、心静かに、他の事に気を取られず、清く正しい心を保ちながら、世の中に恩返しをするつもりで取り組む事。何も期待せず、ありのままの今を生きる事に満足し、いつも高潔な真実だけを語ってくらしていれば、幸福な人生を送ることができる。この幸福を邪魔立てできる人間は、どこにもいない」マルクス アウレリウス

「熱さや冷たさ、苦痛や幸福と言った外的なものは、訪れては去って行くものであり永久には続かない。勇気をもって乗り越えるがいい。」 バガバァッド ギーター

「恐れるべき者が何もない時に恐れ、恐れるべき時に恐れない者は、謝ったものの見方を信じ、不幸な道を歩む。」ブッダ

「幸福とは偶然から生まれるものではなく、考えるという徳から生まれる。というのも、考えるという行為そのものが崇高だからである。したがって、幸福は思索という形を取らなければならない。」アリストテレス

「自然は、人が幸福に生きるためには立派な装置など必要ないようにできている。人は誰でも、何がなくても幸福になることができる。外的なものはさほど重要ではない。人間にとって最上のものは、他人の力を越えたところにある。」セネカ

「家族の基礎になるのは夫婦である。家族を一つにまとめる絆は、妻の献身と忍耐にこそある。妻は一時的な気分に基づいて行動してはならない。妻は家内を治めることに気を配らなければならない。その忍耐はやがて幸福をもたらす」易経

「自律なき者に自由はない」ピタゴラス

「自由がないと思う思い込みから解き放たれることが本当の自由である」ブーバー

「万一、他人を喜ばせようとして自分自身の外に目を向けるようなことがあれば、人はその時、自分の進む道を見失う」エピクテトス

「他人の幸福のために献身すれば、真の善、生きることの真の意味がわかる」ダライ ラマ


ランキング参加しています。応援クリックいただけますと、更新の励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


書評・レビュー ブログランキングへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。


恵まれている環境にいる人ほど、いつも不満ばかり言っているかもしれませんね。不幸を味わうから、幸福になれる。自ら不幸になるっていうのは、スポーツに似た部分がありますねー。スポーツやってた人って、よくマゾっぽく言われますが、私生活でも将来の幸福を信じて、辛いことも耐えてる感じもあるような気もします。

「うまくいかないことが楽しい」

人生うまくいかないことが楽しい。

味覚は相対的にしかわからない。前に食べたものとの比較で美味しさがわかる。絶対的な美味しさはわからない。お金持ちが高い美味しいお寿司を食べ続けても美味しくなくなって来る。安く美味しくないものを食べるから、高くて美味しいもの味がわかる。美味しいものを食べるには、まずいものを食べる。まずいものにぶつかった場合は、味覚をリセットできるので幸福である。

雨が降ったら、傘をささないと、服は濡れ、靴なぐちょぐちょ、体の芯まで冷えて、家に帰っても湯を沸かすまで20分まつ。そのあとに、風呂に入ると体がジーンと温まり、幸福を感じる。今の平凡な毎日では幸福は味わえない。傘を持たないののは、自ら望んで不幸になるため。

戦争時には、輸送船に立ったままに1日立ちっぱなしで輸送されていた。今では、電車で座れなくても、立つのも悪くないなと思う。不幸になるものは、幸福になれる。心理は難しい。

お金持ちはいつも不機嫌。いつも美味しいものを食べているから、どこに行っても美味しいものが食べられない。高級車を乗っていて、K自動車がノロノロしてイライラする。K自動車を抜いても、またK自動車がいて、イライラする。お金持ちはお金でなんとかなると思っているから、いつもイライラしている。

人間は、うまくいかないから楽しい。
 


ランキング参加しています。応援クリックいただけますと、更新の励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


書評・レビュー ブログランキングへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。

 

遅刻で思い出しましたが、私は、未だにアメリカでのパーティーなどに遅れていくのが常識っぽいのが理解できないんですねー。私が自分主催のパーティー開くなら、早くきてくれる方がたくさん一緒にいれる時間が長くて嬉しいですし、早く来る人は、パーティーが始まってなかったら、おもてなしされなくても良いとわかって早くきてると思うのですが。早く行ってパーティーのお手伝いしたいぐらいですね。日本と海外の待ち合わせ時間の感覚は違いますからねー。

「遅れず」

品川の待ち合わせ場所に着いた。

それから程なくしてボツボツとみんながやってきて、9時までに大学卒を除いて集合した。さらに5分遅れで大学卒、15分遅れで東大卒が来た。そして5分遅れた人は5分分の、15分遅れた人は15分のいいわけをした。

その時、私はそのいいわけを聞きながら「ああそうか、人間というのはいいわけができる時間だけ遅れるのだな」ということが分かったのである。つらつら考えてみると、30分前に最初に来た人から最後の15分遅れまで、驚くべき事にほぼ「研究能力に反比例していた」のであった。

つまり、研究能力がほどほどの人が最初に来て、だんだん優秀になり、最後にもっとも優れた研究者が来たのだ。

人間は生物の一種だから、自己を防衛しようとその力を発揮するのは当然である。そして動物なら腕力や牙が勝負を決めるが、人間は頭脳で優劣が決まる。ということは頭脳を武器にして自己防衛に走るのは動物としてまともかも知れない。

研究能力がもっとも上だった東大卒の私の部下は「遅れても言い訳ぐらいできる」と考えて、一番先に来た人より45分も後に下宿を出たのだろう。

このことがあってしばらくして、私は「遅れず」という言葉をモットーにし始めた。ながいおつきあいをしていただいている私の先輩は「武田先生より先に来るのは至難の業だ」と言われ、講演会ではご担当の人に“あまり早く講演会場に来すぎてご迷惑をおかけしている”。

人と待ち合わせるときに、日常的なこと、たとえば講義や待ち合わせ、会議なら1時間前、講演会、披露宴やスポーツなら2時間前に到着するようにしている。

どんなことがあっても「絶対にいいわけをしない」と決意すると、これが案外、難しい。時によっては新幹線が遅れることがあるし、意外な事故渋滞に巻き込まれることもある。それでも「遅れず」を守るのは大変だ。「新幹線が遅れましたから」といういいわけはしない。

人生は小さな損得を考えて大きなものを失う。自分の頭脳を保身に使って大切な人生を失う。

でも、小さな損得より誠意、頭脳を保身に使うよりデディケーションと思っても、実はやれることはそれほど変わらない。人の信頼を得ることができるが、それより自分の気持ちが楽だし、時の流れに透明感を感じる。




ランキング参加しています。応援クリックいただけますと、更新の励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


書評・レビュー ブログランキングへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。


「最近は、個人の権利や幸せを優先してわがままになっている」っというのはなんとなくわかる気が。日本の国が安定してくると個人の自由を求めるというのもわかります。アメリカなど経済発展している国でも、個人の自由を求める動きが活発なので、全ての人ではないですが、人間は豊かになってくると個人の自由を求めるのかもしれませんね。

「密着ルポ わたしたちと憲法」
今の日本人の国民性今の憲法が合っているのか?

国家を社会の基礎となる家族保護の規定を。

憲法に家族を明記したい。家族が国家の基礎であることを明記したい家族主義。

今の社会の閉塞感は、家族よりも個人の権利を優先しすぎたのが原因だと思っている。

離婚率も増えているし、個人を優先してみんなわがままになって言った結果じゃないか。日本人とどうなってしまったのか。

個人ではなく、家族を描くことが重要。個人より公を重視すべき。

ある程度の度合いの上に個人の自由がある。土台無くしての自由はありえない。自由を守ることが第一目的じゃない。

逆に、個人の尊重を大切にしたいという意見も。

 


ランキング参加しています。応援クリックいただけますと、更新の励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


書評・レビュー ブログランキングへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。

 

ホンマでっかの哲学的なテーマですね。

「結婚は本当に幸せなのか!?」

40歳以上の独身者は、実は既婚者より幸福度がはるかに高い。ただし、自立心がある人、楽しみを見つけることができる人、自分をコントロールできる人。心理学の中では「結婚神話」という言い方をします。「結婚=幸せ」は当てはまらないということがわかっており、これらの人々にとっては、結婚はマイナスに働き、かえって寿命を短くしてしまうこともある。

結婚の一番のメリットは『結婚の呪縛』から逃れられること。現実には、結婚するということは、他人と暮らすということであり、ガマンや妥協の連続の日々。マイホームを買って、家族だんらんがあって、子供が生むという、幸せな面だけがあるわけではありません。一度結婚しておかないと結婚への「あこがれ」から逃れられず、妬みそねみ等の嫉妬心などの気持ちから、つらい思いをしてしまう。

20代女性の3人に1人は、SNSでの友人の結婚報告にイライラしている。未婚女性の4人中3人は「何でこの子が私より先に結婚したの!?」と思っています。

美女と野獣カップルは離婚率が高い。同じ程度のギブアンドテイクができるカップルであること、夫婦でリソース(与えるもの)が同程度のカップルがうまく行くとされています。または、ご主人は仕事に打ち込み、奥様は家庭をシッカリ守るなど、役割の棲み分けができているカップルもうまく行きやすい。不平等感が高い夫婦は、離婚しやすいのです。それは、ルックスのレベルの差にも表れる。

歳の差婚は7歳以上で離婚率が高くなる。

男性は若い女性と結婚した方が長生き、女性は歳の差婚で早死にする。

結婚指輪をケチるカップルの方が結婚生活が長続きします。

がんになったときは、既婚者の方が長生きする確率が高い。

落ち着きがない男性は結婚しても幸せになれない。

結婚願望が強い女性は不倫しやすい。

妻に先立たれた夫が1年以内に自殺する確率は、独身者の66倍。

「結婚さえすれば幸せになる」と思っている人は結婚には向いていません。結婚の中に幸せを見つけようとする人ほど、失敗しやすい。結婚は、幸せの中の一部、一要素にすぎない。結婚は生活の延長であり、人生のゴールではないということを認識する。



ランキング参加しています。応援クリックいただけますと、更新の励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


書評・レビュー ブログランキングへ
いつもあたたかなクリックをありがとうございます。

↑このページのトップヘ